コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売電 バイデン

デジタル大辞泉の解説

ばい‐でん【売電】

自家発電設備を持つ企業や太陽光発電設備を持つ一般家庭などが、余った電力を電力会社などに売ること。また、電力会社が他の電力会社に電力を売ること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ばいでん【売電】

電力を売ること。特に、発電設備をもつ一般企業の余剰電力や一般家庭の太陽光発電による余剰電力を電力会社に売ること。日本では、1992年(平成4)から可能になった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

売電
ばいでん

一般事業会社や個人などが発電した電力を電力会社に売ること。おもに家庭や事業所などが設置する太陽光発電システムや家庭用燃料電池などを通じて発電した電力のうち、自家消費をしない余剰分を電力会社に買い取ってもらう制度のことをいう。2009年(平成21)11月から太陽光発電システムの売電について、固定価格買取制度(フィードインタリフ)がスタートした。これは余剰電力買取制度であったが、その後、家庭の場合は余剰電力の買い取りに限るが、工場・事業所には発電の全量買い取りをする再生可能エネルギー固定価格買取制度に、2012年7月より移行した。東日本大震災後は脱原発の動きのなかで地方自治体を中心に、大規模な太陽光発電施設「メガソーラー」の建設が相次いだ。1キロワット時当りの買取価格は売電開始時の価格が10~20年維持される仕組みとなっており、2009年度と2010年度に開始したものが48円、2011年度と2012年度に開始したものが42円、2013年度に開始したものが38円となっている(10キロワット時以上の売電規模の場合。それ以下の場合は価格は安くなる)。太陽光以外の再生可能エネルギー(風力、水力、地熱、バイオマス)についても別途、買取価格が決められている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

売電の関連キーワード電力自由化と特定規模電気事業者(PPS)コミュニティー・ハッピー・ソーラー事業八丈島の再生可能エネルギー利用拡大構想猪苗代湖畔にウインドファームが誕生二酸化炭素(CO2)排出原単位特定規模電気事業者(PPS)大間原発の建設差し止め訴訟おうち発電プロジェクト鹿追町環境保全センターHEMS(ヘムス)エネルギー特別会計電力小売りの自由化新電力(PPS)日本発送電[株]省エネルギー住宅日本の電力自由化電源開発促進税小売電気事業者中部電力(株)四国電力(株)

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

売電の関連情報