ごろつき

精選版 日本国語大辞典の解説

ごろ‐つき

〘名〙
[一] ごろごろと音をたてること。転じて、雷の異称。
※雑俳・柳多留‐七一(1819)「ごろ付が来ると雷獣騒出し」
[二] (「破落戸」はあて字) 一定の住所も職業もなく、あちらこちらをうろついたりして、おどしなどをはたらくならずもの。無頼漢。ごろ。〔俚言集覧(1797頃)〕
※黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「極(ごく)筋の悪い破落戸(ゴロツキ)に踏みこまれて散々ゆすられた以後、少々恐気(おぢけ)さして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報