ごわす(読み)ゴワス

  • ごわ・す

デジタル大辞泉の解説

[動サ特活]
「ある」の意の丁寧語。ございます。あります。
「今の名人達が死ぬとあとつぎが―・せんから困って了う」〈魯庵社会百面相
(補助動詞)補助動詞「ある」の意の丁寧語。…であります。…でございます。
「高いとこの眺めは…また格段で―・すな」〈梶井城のある町にて
[補説]活用は「ごわせ・ごわし・ごわす・ごわす・ごわせ・○」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自サ特活〙 (「ごわんす」の変化した語)
[一] 「ある」の意の丁寧語。ございます。あります。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉老作者「今の名人達が死ぬと継続者(あとつぎ)が在(ゴハ)せんから困って了う」
[二] 補助動詞「ある」の丁寧語。…でございます。
※旧主人(1902)〈島崎藤村〉一「はい、お定と申しやす。実(まこと)に不調法者でごはして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android