ごわす

大辞林 第三版の解説

ごわす

( 動サ特活 )
〔「ごわんす」の転〕
「ある」の意の丁寧語。ございます。あります。 「手前は中々詑摩法眼なぞを鑑定みきわめる力は-・せんからな/社会百面相 魯庵」 「どうもあんな恐ろしいものは-・せんよ/幇間 潤一郎
(補助動詞) 助動詞「だ」の連用形「で」に付いて、「…である」の意の丁寧語として用いられる。 「之で手前は中々正直で-・すから/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごわ・す

[動サ特活]
「ある」の意の丁寧語。ございます。あります。
「今の名人達が死ぬとあとつぎが―・せんから困って了う」〈魯庵社会百面相
(補助動詞)補助動詞「ある」の意の丁寧語。…であります。…でございます。
「高いとこの眺めは…また格段で―・すな」〈梶井城のある町にて
[補説]活用は「ごわせ・ごわし・ごわす・ごわす・ごわせ・○」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ごわすの関連情報