城のある町にて(読み)しろのあるまちにて

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梶井基次郎(かじいもとじろう)の短編小説。同人雑誌『青空』1925年(大正14)2月号に発表。「ある午後」「手品と花火」など6編の断章からなり、幼い異母妹を失った傷心をいやすために、姉夫婦の家に一夏滞在した峻(たかし)という青年の生活スケッチという形をとっている。峻は梶井自身とみてよい。三重県飯南(いいなん)郡松阪町(現松阪市)の明るい自然と、そこで暮らす姉夫婦、幼い姪(めい)、夏休みで帰省している義兄の妹との心の交流を描いて、「単純で、平明で、健康な世界」への憧憬(しょうけい)が語られている。『檸檬(れもん)』と並んで梶井文学の原点を暗示する作品である。

[吉田凞生]

『「城のある町にて」(『檸檬・冬の日 他九編』所収・岩波文庫)』『浜川勝彦編『鑑賞日本現代文学17 梶井基次郎・中島敦』(1982・角川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android