コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さかさまつげ さかさまつげ

2件 の用語解説(さかさまつげの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

さかさまつげ
さかさまつげ

眼瞼内反」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

さかさまつげ
さかさまつげ

さかまつげともいい、まつげ(睫毛(しょうもう))が内方に向かって生えているものに対する一般的な呼び名で、医学的には睫毛内反症、眼瞼(がんけん)内反症、睫毛乱生症が含まれる。[大島 崇]

睫毛内反症

まつげが一斉に内側に向かって生えていたり、カールしているため、角膜をつっついて異物感、羞明(しゅうめい)(まぶしがる)、充血などをおこすもので、2、3歳になっても治らなければ二重瞼(ふたえまぶた)にする手術と同じ手術を行う。[大島 崇]

眼瞼内反症

まつげの生え方は正常であるのに、結膜の瘢痕(はんこん)で瞼が内側に曲がったり、肥えているために、瞼が膨れてまつげが角膜に押し付けられるもので、この場合にも二重瞼の手術が行われる。[大島 崇]

睫毛乱生症

まつげがばらばらの向きに生えるために角膜のほうへ向かうものができてきたもので、トラコーマや外傷などの瘢痕による。この場合は、一時的にはまつげを抜けばよいが、すぐ再発してくるので、まつげの毛嚢(もうのう)を睫毛電気分解術によって破壊しなければならないことが多い。[大島 崇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone