コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さすらい人幻想曲

デジタル大辞泉プラスの解説

さすらい人幻想曲

オーストリアの作曲家フランツ・シューベルトのピアノ独奏曲、D760(1822)。原題《Wandererphantasie》。幻想曲ハ長調さすらい人』とも呼ばれる。名称は、自身の歌曲『さすらい人』に基づくモチーフを用いたことに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

さすらいびとげんそうきょく〔さすらひびとゲンサウキヨク〕【さすらい人幻想曲】

《原題、〈ドイツ〉Fantaisie 'Wandererfantasie'シューベルトのピアノ独奏曲。1822年の作。全4楽章。名称は、第2楽章で用いた主題が、自作の歌曲「さすらい人」に基づくことに由来する。幻想曲ハ長調さすらい人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

さすらい人幻想曲の関連キーワード幻想曲ハ長調「さすらい人」幻想曲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さすらい人幻想曲の関連情報