さすらい人幻想曲

デジタル大辞泉の解説

さすらいびとげんそうきょく〔さすらひびとゲンサウキヨク〕【さすらい人幻想曲】

《原題、〈ドイツ〉Fantaisie 'Wandererfantasie'シューベルトのピアノ独奏曲。1822年の作。全4楽章。名称は、第2楽章で用いた主題が、自作の歌曲「さすらい人」に基づくことに由来する。幻想曲ハ長調さすらい人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android