さのさ節(読み)サノサブシ

大辞林 第三版の解説

さのさぶし【さのさ節】

1897年(明治30)頃から流行した俗謡の一。一節の終わりに「さのさ」という囃子詞はやしことばがつく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さのさ‐ぶし【さのさ節】

〘名〙 明治三〇年(一八九七)ころ流行した俗謡の一つ。歌の終わりに「さのさ」というはやしことばがつくところからいう。法界節の変形したもので、新法界節ともいう。さのさ。
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉下「鉄道唱歌また以前の如く盛ならず、近き頃はサノサ節これに代りて行はる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる