コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄道唱歌 テツドウショウカ

デジタル大辞泉の解説

てつどう‐しょうか〔テツダウシャウカ〕【鉄道唱歌】

大和田建樹作詞、多梅稚(おおのうめわか)作曲の唱歌。鉄道沿線の駅名と風物とを歌い込んだもので、第1集「東海道編」は明治33年(1900)5月に出版され、続いて山陽・九州、東北・北関東、信越・北陸、関西の各編が刊行された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てつどうしょうか【鉄道唱歌】

明治期の唱歌集。角書(つのがき)に〈地理教育〉とある。全5集。各集に2曲ずつ楽譜をつけて,1900年5~11月大阪の三木佐助楽器店が発行した(元版は1889年市田昇文館)。作詞は大和田建樹(たけき)。作曲は多梅稚(おおのうめわか)のものがよく知られているが,東海道(1集),山陽・九州(2集)がそれぞれ多と上真行(かみさねみち),奥州線~磐城線(3集)が多と田村虎蔵,北陸地方(4集)が納所弁次郎吉田信太,関西参宮南海各線(5集)が多。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てつどうしょうか【鉄道唱歌】

1900年(明治33)発表の唱歌。大和田建樹作詞。多梅稚おおのうめわかほか作曲。鉄道の駅名・沿線の名所などを織り込んだもの。東海道、山陽・九州、奥州・磐城、北陸(信越を含む)、関西・参宮・南海の全五冊。同種の唱歌が各地に作られた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄道唱歌
てつどうしょうか

唱歌の曲名。大和田建樹(おおわだたけき)作詞。上真行(うえさねみち)と多梅稚(おおのうめわか)の作曲した2種類あり、多の曲が大流行した。大阪・三木佐助版の歌集は全五冊で、「汽笛一声新橋を」と歌い出す『地理教育鉄道唱歌』第一集(東海道)は1900年(明治33)5月刊。同年中に〔2〕山陽・九州、〔3〕東北・北関東、〔4〕信越・北陸、〔5〕関西の各編も出版されたが、地理教育や交通知識の普及に役だつところから非常に歓迎された。 同類の唱歌は各地に生まれ、1911年の『山陰線鉄道唱歌』に至るまで、全国の鉄道が歌い上げられた。交通網の充実をみた1928年(昭和3)、鉄道省は東京日日新聞と大阪毎日新聞の共催で『新鉄道唱歌』を懸賞募集したことがある。また37~38年には日本放送協会が『新鉄道唱歌』を制作し、国民歌謡として放送した。[倉田喜弘]
『高取武著『増補追録歌でつづる鉄道百年』(1981・鉄道図書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鉄道唱歌の関連キーワード発車メロディー大和田 建樹宇和島(市)佐藤 信義関口 隆正有節歌曲佐藤信義上 真行薄霞む流行歌蒲郡市七五調東雲節汐留一声

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄道唱歌の関連情報