コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法界節 ホウカイブシ

デジタル大辞泉の解説

ほうかい‐ぶし〔ホフカイ‐〕【法界節】

俗曲の一種。清楽(しんがく)の「九連環」の囃子詞(はやしことば)「不開(ほうかい)」をもとに長崎で発生、明治23~24年(1890~1891)ごろに全国に流布した。長崎節。→法界屋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

法界節【ほうかいぶし】

明治中期の流行歌。幕末以来流行した清楽(しんがく)の《九連環》が変形したもの。歌詞に〈ホーカイ〉の語があるのでこの名が出た。月琴をひきながらこの歌を歌う流しの芸人法界屋も当時多く現れた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほうかいぶし【法界節】

〔「ほうかい」は囃子詞〕
1891年(明治24)頃の俗謡。清楽しんがくの「九連環」を母体として長崎から流行。若者が月琴に合わせて歌い歩いた。後に「さのさ節」を生んだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法界節
ほうかいぶし

明治の流行歌。作詞・作曲者未詳。江戸末期に長崎へ伝わった明清楽(みんしんがく)は、1870年代の後半から日本各地へ広まった。月琴(げっきん)や明笛(みんてき)は若者の間にもてはやされ、これらを伴奏に新しい歌が生まれてくる。なかでも「ホウカイ」を囃子詞(はやしことば)とする曲は、1890年代の初めに『法界節』と名づけられ、大流行した。2、3人ずつが一組となった若者は、月琴や胡弓(こきゅう)を奏でながら流して歩くので、いつのほどにか法界屋とよばれた。日清戦争を境に、明清楽は敵国の音楽だという理由で衰退に向かうが、剣舞をも取り入れた流しは増加する一方で、法界屋は婦女子のあこがれの的となり、流しのあとを追う者が長い列をなしたという。そのため1900年(明治33)のころには、風俗問題や交通妨害が起こってくる。さらに、芸能を愛好する若者が厳しく指弾されたため、法界屋はしだいに姿を消し、『法界節』も運命をともにした。[倉田喜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

法界節の関連キーワードさのさ節看看踊さのさ演歌母体俗曲俗謡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android