コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ざぼん漬

デジタル大辞泉プラスの解説

ざぼん漬

長崎県長崎市の名物菓子。果皮の厚い「皮ざぼん」を用いた糖蜜漬け。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

ざぼん漬[加工食品]
ざぼんづけ

九州・沖縄地方、長崎県の地域ブランド。
長崎は、ざぼん発祥の地として知られる。江戸時代の1667(寛文7)年に日本で初めてざぼんが植えられた。戦後の1948(昭和23)年に小畑実の歌う「長崎のザボン売り」(作詞:石本美由起、作曲:江口夜詩)がヒット。ところが、戦後復興中の長崎には、ざぼんがなかった。そこで、歌のヒットを契機にざぼん漬けがつくられるようになり、長崎の特産品として定着。ざぼん漬けは、材料を適当な大きさに切り水にさらしたあと、煮詰めた砂糖の蜜でじっくりと煮込み、飴色になってから砂糖をまぶし完成となる。甘くやわらかい。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

ざぼん漬の関連キーワード長崎県長崎市

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android