コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しか遊び しかあそび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

しか遊び
しかあそび

子供がするあてもの遊びの一種じゃんけんに負けた子が,何かにつかまり背中をかがめる。その背上に勝った子が馬乗りになって指を出し,その数を言いあてさせる。そのとき,「しか,しか,角,何本」とか「しかなんぼ」という文句を唱える。本来は,その問答の際には,背中をたたいていたらしい。この遊戯は,かつて西日本をはじめとして各地でみられた。また,この遊びに類似したものが,アメリカドイツフランスオランダなどでもみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しか遊びの関連情報