コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

写植で使用される文字間や行間を表す長さの基準。1歯は0.25mm(1級)。初期の写植機は、歯車で回転させて文字を焼き付けていたため、この単位が使用されることとなった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し【歯】

は。
よわい。年齢。とし。

し【歯〔齒〕】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓] よわい
学習漢字]3年
〈シ〉
は。「歯科歯牙(しが)歯齦(しぎん)義歯犬歯皓歯(こうし)切歯乳歯抜歯門歯
年齢。よわい。「尚歯年歯
〈は(ば)〉「歯茎歯車奥歯虫歯
[名のり]かた・とし

は【歯】

鳥類以外の脊椎動物の口の中にあって、食物の保持・咀嚼(そしゃく)や攻撃・防御に関与する硬い器官。人間では言語の発声にも関与し、乳歯が生え換わると永久歯が出る。顎骨(がっこつ)に上下2列に並んで生え、歯髄象牙質が覆い、さらに歯冠エナメル質に、歯根セメント質に覆われる。歯牙(しが)。「が抜ける」「白いを見せて笑う」
器具・機械の縁に並ぶ細かい刻み目。「のこぎりの」「櫛(くし)のが欠ける」
下駄や足駄の台につけて土を踏む板。「下駄のを入れる」
写真植字で、文字間または行間の単位。一歯は一級と同じで、4分の1ミリ。→3
[下接語](ば)後(あと)歯銀杏(いちょう)歯一本歯糸切り歯入れ歯臼(うす)歯上(うわ)歯恵比須(えびす)歯奥歯鬼歯金歯銀歯差し歯下歯透(す)き歯添い歯染め歯大黒(だいこく)歯高歯知恵歯継ぎ歯出歯茄子(なすび)歯抜け歯鋸(のこぎり)歯朴(ほお)歯前歯虫歯無駄歯八重歯乱杙(らんぐい)歯(ぱ)反(そ)っ歯出っ歯味噌(みそ)っ歯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

歯【は】

動物が食物をかじりとったり,かみ砕いたりするための器官。無脊椎動物にも〈歯〉と呼ばれるものがいくつもあるが,鳥類以外の脊椎動物の口腔内にあるものとは起源を異にする。
→関連項目臼歯犬歯切歯虫歯

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

 脊椎動物の口内の器官.ものを噛んだり,すり潰したりする機能がある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

は【歯 tooth】

動物の消化器の一部で,おもに食物のかみ切りや,かみ砕きをする硬い器官。無脊椎動物では,多毛類,ワムシ類,昆虫類などの口,ザリガニの胃,軟体動物歯舌(しぜつ)radula,ウニのアリストテレスの提灯(ちようちん)など,さまざまな動物のさまざまな場所に歯と呼ばれるものがある。これらはキチンケイ酸,炭酸石灰などでできているため,食物の取りこみや消化に適した硬い質を共通してもっている。しかし,個体発生的にも系統発生的にも,これらの器官は動物群ごとに起源を異にするものであり,互いに相同器官ではない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

し【歯】

は。
年齢。よわい。
[句項目]

は【歯】

鳥類を除く脊椎動物の口の中に上下二列に並んで生えている、骨のように堅く、白い突起物。食物をかみつぶしたり、敵を攻撃したりするのに用いる。人間では発音に重要な役割を果たす。歯茎を境に歯冠と歯根に分かれ、その構成主体である象牙質を歯冠部ではエナメル質が、歯根部ではセメント質がおおっている。象牙質に囲まれた内部の空洞は歯髄が満たし、いわゆる歯の神経といわれる。人間の場合、初め上下各一〇本の乳歯が生え、のち永久歯に変わる。永久歯は普通、上下各一六本。 「 -が生えかわる」 「 -をみがく」
物の縁などに、のようについているきざみ。 「櫛くしの-」 「 -車」
下駄げたの裏に付いている板。 「下駄の-」
のこぎりの、工作物を切る部分。
歯車の、かみ合うぎざぎざの部分。
写真植字で、文字や行の送りの単位。一歯は一級と等しく、0.25ミリメートル。歯数。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説



tooth

脊椎動物の顎,口腔,咽頭の部分に発生する,硬質で耐性のある器官。しかし鳥類,爬虫類両生類などには歯のないものが多い。歯の機能の第1は,食物をくわえたり咀嚼 (そしゃく) するためにあるが,防御やその他の特殊な目的のために使われることもある。脊椎動物の歯の起源は,魚の先祖が自らを保護していた,骨質の平坦な皮膚が変化したものである。形態的には歯冠と歯根から成り,その境を歯頸という。歯冠は口腔内の見える部分をいい,エナメル質におおわれ,上顎と下顎の歯が噛み合って食物を咀嚼する。歯根は顎骨と歯肉の中にあり,セメント質でおおわれ,歯を支えている。歯根膜と呼ばれる線維性の組織によって顎骨と接している。歯冠の形や歯根の数は,歯の種類と動物の種によって異なる。
構造的にすべての歯は同じ3層構造から成る。最も内側にあるのが歯髄であり,歯髄腔と呼ばれる空間を歯髄繊維,歯髄細胞,血管,神経,リンパ管などが満たしている。歯髄腔から歯根の先端まで伸びた細長い管を根管といい,根尖孔を通して体全体の血管系や神経系に連絡している。中間層は象牙質といい,歯の主体をなしている。骨と同じような構造をもち,歯髄から栄養を得ている。一番外側は,歯冠ではエナメル質という,体の中で最も硬い組織でおおわれている。歯根ではセメント質という,骨と同じような構造をもつが,象牙質ほど硬くない組織でおおわれている。このセメント質は歯肉の下に伸びており,歯根膜との間で歯を包み込む線維の結合帯として機能している。
他の哺乳類と同様に,ヒトも一生の間に一度歯が生え替る。最初の歯は乳歯と呼ばれ,生え替った歯は永久歯と呼ばれる。ヒトの乳歯は 20本で,永久歯に比べて小さく,咬頭が多く,白く,磨滅しやすく,歯髄腔は大きく歯根は小さくて弱い。生後6ヵ月頃から生えはじめ,2歳半までに生えそろう。その後,5,6歳で抜けはじめ,13歳頃に永久歯に生え替る。乳歯が抜けるのは,永久歯が成長して口腔に向かって乳歯を押上げ,乳歯の歯根が吸収されるためである。乳歯の内訳は上顎と下顎に切歯が各4本,犬歯が各2本,臼歯が各4本ずつである。永久歯は通常 32本で,乳歯の奥に萌出する大臼歯 12本は生え替った歯とは区別される。永久歯の内訳は上顎と下顎に切歯が各4本,犬歯が各2本,小臼歯が各4本,大臼歯が各6本ある。切歯は口の正面にあり,かじる,噛み切る,引裂く,噛み押えるときに使われる。噛み合せ部分は幅広くて薄く,鑿 (のみ) の刃先のようになっている。また上顎の切歯には敏感な触覚があり,少しずつかじりながら,物体を特定するのに使われる。切歯の両側には犬歯がある。先が尖っていて,杭のような形をしており,切歯と同様に食物を噛み切ったり,引裂いたりする。小臼歯は犬歯の奥にあり,2個の咬頭で食物を噛み切り,すりつぶす。大臼歯は口腔の最も奥にあり,4~5個の咬頭で食物を砕き,すりつぶす。ヒトの第3大臼歯 (→智歯。いわゆる親知らず) は,大きさ,歯根の数,咬頭の型,萌出の個体差が大きい。歯根の数は,切歯と犬歯と小臼歯が1つ,大臼歯が2~3個である。
ヒトの歯の病気で最も一般的なものはう蝕 (虫歯) である。風邪を別にすれば,おそらく現代に一番多い病気であろう。う蝕は歯苔 (プラーク) と呼ばれる黄色っぽい膜の沈着から生じる。歯苔に住みついたバクテリアなどの微生物が砂糖とデンプンを含んだ食物のかすを発酵させて酸をつくり,歯のエナメル質と象牙質を溶かしてカルシウムなどの無機質を奪い取り破壊する。う蝕は普通エナメル質の表面,とくに歯のくぼみや割れ目,歯と歯の間から侵し始め,放置すると象牙質,歯髄まで進行することがある。予防法としては,定期的に歯ブラシとデンタルフロスで歯をきれいにしておくこと,飲料水にフッ化物を添加することなどがあげられる。治療法としては,腐食した組織を取除き,不活性の充填物質 (→インレー ) を詰める。このほか,歯列が不規則なことによって生じる不正咬合などの問題がある。咬合の調整は矯正具などを用いて,子供のうちに治療するのが望ましいとされる。歯肉炎も一般的な口腔疾患で,歯肉が赤く腫れ出血しやすくなる。歯肉炎を放置すると慢性化して歯周病に進行する。原因には,歯苔の沈着やう蝕といった局所性のものと,栄養障害や感染症などの全身性がある。原因治療とともに局所の清掃や消毒が必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説



tooth

口腔(こうくう)内に露出している硬組織の構造物で、審美性、発音、そしゃく等の機能を営む。

歯の発生

ヒトでは、胎生期5~6週ごろに外胚葉(がいはいよう)性の口腔粘膜上皮が厚くなり、堤防のように垂直に間葉組織内に進入し、歯堤を形成する。この歯堤からエナメル器を生じ、エナメル器に囲まれた中胚葉性の歯乳頭とともに歯胚を形成する。胎生期5か月ごろになると、エナメル器の内層にあるエナメル芽細胞(がさいぼう)からエナメル質が、歯乳頭の表層にある象牙(ぞうげ)芽細胞から象牙質と歯髄(しずい)が、また歯胚を包む歯小嚢(のう)からセメント質と歯根膜が生ずる。エナメル器は歯冠部を形成したのち、ヘルトウィヒ上皮鞘(しょう)として深部に増殖し、歯根の象牙質を形成しながら歯を萌出(ほうしゅつ)させる。やがてヘルトウィヒ上皮鞘は退化して、歯根膜中にマラッセ上皮遺残として残る。[村井正昭]

乳歯

ヒトの歯は生涯で二度生え変わり、これを二生歯性とよぶ。最初に口の中に生えそろい、乳幼児期にその機能を営むものを「乳歯」といい、乳歯脱落後、新たに生え変わるものを「代生歯」という。6歳ごろから、乳歯の生え変わりと同時に、乳歯列の後方に大臼歯(だいきゅうし)が生えてくるが、大臼歯は本来乳歯と同種のもので、その延長線上にあるものとも考えられ、「加生歯」ともよばれる。したがって、代生歯と加生歯をあわせて「永久歯」という。
 乳歯は、上下顎(がく)とも、正中より左右へ、乳中切歯、乳側切歯、乳犬歯、第一乳臼歯、第二乳臼歯の合計20本よりなる。一般に前歯(ぜんし、まえば)、門歯というときは中切歯と側切歯をさし、糸切り歯というときは犬歯をさす。乳歯では、通常、下顎乳中切歯がいちばん早く(生後約6~8か月)生え始め(萌出という)、次に上顎乳中切歯、下顎乳側切歯、上顎乳側切歯、下顎第一乳臼歯、上顎第一乳臼歯、下顎乳犬歯、上顎乳犬歯、下顎第二乳臼歯、上顎第二乳臼歯の順に萌出する。しかし、萌出時期や、順序には個体差があり、3~4か月の差異は異常ではない。
 乳歯は、永久歯に比べて色が白く、歯冠の外形は後続の永久歯に似ているが、大きさは全体的に小さい。ただし、乳臼歯の形は永久歯(小臼歯)とはかなり異なっており、むしろ大臼歯に似ている。乳歯では、年齢が進むと歯根の吸収がみられる。4歳ぐらいから乳中切歯より吸収が始まり、6歳から12歳ぐらいまでの間にすべての乳歯は脱落する。乳歯は永久歯に比べると歯質が脆弱(ぜいじゃく)であるうえ、小児の食性や口腔清掃の不足などによってう蝕(しょく)(むし歯)にかかりやすい。乳歯う蝕は、小児に局所的あるいは全身的悪影響を与えるばかりでなく、後続の永久歯に対する影響も大きいので、予防および早期治療がたいせつである。[村井正昭]

永久歯

永久歯は、上下顎とも、正中より左右へ、中切歯、側切歯、犬歯、第一小臼歯、第二小臼歯、第一大臼歯、第二大臼歯、および第三大臼歯(智歯(ちし)、親知らず)の合計32本よりなる。一般に奥歯というときは大臼歯全体をさしている。
 永久歯では、第一大臼歯がもっとも早く(6歳ごろ)萌出するので、6歳臼歯ともよばれる。また、第一大臼歯は、上下顎の歯列の一定の接触関係を規定するということから「咬合(こうごう)の鍵(かぎ)」ともよばれ、数十年の長期間にわたって機能を営むたいせつな歯である。しかしながら、口腔衛生観念のない幼児期に口腔内に萌出するということから、早期にう蝕にかかりやすい。したがって、保護者、とくに母親の注意によって、う蝕にかからないようにすることがたいせつである。
 永久歯の萌出順序は、下顎第一大臼歯、上顎第一大臼歯、下顎中切歯、下顎側切歯、上顎中切歯、上顎側切歯、下顎犬歯、下顎第一小臼歯、上顎第一小臼歯、下顎第二小臼歯、上顎第二小臼歯、上顎犬歯、下顎第二大臼歯、上顎第二大臼歯の順となるが、先行乳歯の早期喪失、晩期残存、個体の健康状態によってこの順は左右される。永久歯は、普通には12~13歳ごろまでに28歯が萌出する。なお、第三大臼歯は萌出がもっとも遅く(17~20歳ごろ)、先天的に欠如することも多い。萌出状態の異常、形態の異常等は、とくに下顎に多くみられる。[村井正昭]

歯の形態

口腔内に露出している部分、つまりエナメル質で覆われた部分を歯冠といい、歯槽骨(しそうこつ)内のセメント質で覆われた部分を歯根という。その境界は歯頸(しけい)といわれる。歯冠の形態はそれぞれの歯により異なっており、切歯および犬歯は四角錐(しかくすい)状、臼歯は立方体状をしている。歯根の数も歯によって異なり、切歯および犬歯は単根、小臼歯も通常、上顎第一小臼歯を除き単根、上顎第一小臼歯および下顎大臼歯は2根、上顎大臼歯は3根である。なお、第三大臼歯では歯根、歯冠の形態はともに一定でなく、種々の形態をとる。[村井正昭]

歯の構造

歯は、次に述べる四つの組織から構成されている。
(1)エナメル質 歯冠の表面を覆い、象牙質を保護する硬組織で、身体のなかではもっとも硬く(モースの硬度で6~7度。水晶と同程度)、ほとんどが無機質(とくにハイドロキシアパタイト)からなり、有機質と水分は4%程度含まれるにすぎない。エナメル質は、3~5マイクロメートルの太さをもつエナメル小柱と、これを互いに結合する小柱間質とからなる。エナメル小柱は、象牙質の表面から歯冠の表面に向かってエナメル質全層にわたって放射状に走っている。近年、エナメル小柱と結合する接着性レジンが開発され、う蝕による歯の実質欠損の修復が簡単にでき、歯をあまり削らないですむようになった。
(2)セメント質 歯根の表面を覆う薄い硬組織(石灰化組織)で、線維に富む骨に似た構造となっている。加齢とともに、セメント質は歯根先端部で厚くなる。セメント質は、歯根膜を挟んで存在する歯槽骨とともに、歯根膜中にみられるシャーピー線維の保持装置である。歯は、このシャーピー線維によって歯槽骨内につり下げられる形となり、そしゃく機能を営んでいる。
(3)象牙質 歯の組織の主体をなす硬組織で、歯冠部ではエナメル質により、歯根部ではセメント質により覆われている。硬さは骨よりも硬いが、化学的組成は骨に類似し、無機質70%と有機質30%とからなる。しかし、微細構造は骨組織と著しく異なる。象牙質内には、歯髄腔(しずいくう)面から歯の表面に向かって、象牙細管とよばれる無数の細管が放射状に走っている。象牙細管の歯髄側には、象牙質をつくってきた象牙芽細胞が配列しており、象牙細管内の深くまでその突起を出している。象牙細管内の一部には神経が進入しており、これによって歯を削るときの痛みが感じられるという説もある。しかし、う蝕が象牙質に達して痛みを感じるようになるのは、刺激が象牙細管を伝わって歯髄に達するためである。また、年をとって歯肉が退縮し、歯根が露出してくると、その部分のセメント質が徐々に消失し、象牙質が露出するようになる。このように象牙質が露出すると、口の中のいろいろな刺激が歯髄に伝わり、しみたり痛んだりするようになる。象牙細管は、加齢とともに石灰化が進み、だんだんと細くなり、ついには閉鎖されることもある。なお、歯髄腔壁にはしばしば二次象牙質が形成され、これらの石灰化の進行によって、たとえ象牙質が口の中に露出しても、外来刺激による痛みを感じなくなることが少なくない。
(4)歯髄 周囲を象牙質に囲まれている歯髄腔を満たす結合組織(軟組織)である。象牙質面には象牙芽細胞が配列する。象牙芽細胞による象牙質形成は、生涯を通じて続けられるため、歯髄腔は加齢とともにしだいに狭くなる。歯髄は血管と神経に富んでいるが、これらの大部分の進入経路は根尖孔(こんせんこう)のみであり、いったん歯髄に炎症(歯髄炎)がおこると、循環障害をおこしやすい。したがって、炎症の自然治癒を望むことはむずかしく、歯髄全体が死んでしまうこととなる。歯髄に炎症がおこると、硬組織に囲まれている歯髄腔の内圧が異常に高まり、歯髄神経が強く刺激され、激痛を生じるようになる。[村井正昭]

歯の並び方

歯は、咬合面からみると馬蹄(ばてい)形に並んでおり、これを「歯列弓」という。また、上顎、下顎のそれぞれの歯の咬合面を連ねた仮想平面を咬合平面とよぶが、実際には平面ではなく、咬合平面は臼歯部にいくにしたがって上顎は凸彎(とつわん)、下顎は凹彎を示している。この彎曲は「スピーの曲線」あるいは「調節彎曲」とよばれ、この彎曲の存在により、下顎運動の際には上下の歯がすきまなく接触を保ちうる。
 普通にかんだ状態の上下歯列の位置関係を「咬合」という。正常な咬合では、上顎の歯が下顎の歯よりもすこし外側へはみだしている。前歯部では、下顎の切縁(せつえん)が上顎の舌側面にかむのが正常であるが、逆に下顎の切縁が上顎よりも前にいくことがあり、これを反対咬合(下顎前突)とよぶ。下顎前突は、欧米人に比べて日本人にやや多くみられる不正咬合の一種である。
 歯の植立方向は、歯冠よりも歯根のほうが遠心(後方)に傾く傾向がある。これは、歯はつねに近心(前方)へ傾こうとしているためで、歯列のなかの1本の歯がなくなると、その後方の歯は、歯のなくなった空間に倒れ込んでくる。したがって、歯列を保つためには、歯科治療が必要となるわけである。[村井正昭]

歯の異常

人間は食物を調理してから摂取するようになったことから、歯を使用する機会が減少し、それに伴って歯の退化傾向がみられるようになった。その具体的な現れ方は、歯の形態の矮小(わいしょう)化と数の減少である。こうした傾向のなかでみられる歯の異常には、次のようなものがある。
(1)形態の異常 歯の大きさが異常に大きいものを巨大歯、小さいものを矮小歯という。巨大歯は、ときに上顎中切歯にみられることがあり、矮小歯は、智歯(ちし)や上顎側切歯によくみられる。
 前歯の舌側面や小臼歯の咬合面に突起状の結節が生じることがあり、これを異常結節とよぶ。結節の発達したものでは、中に歯髄腔をもっており、結節が破折すると歯髄が露出し、歯髄の壊死(えし)を招くことが多い。
 二つの歯がくっつくことがあり、そのうち、象牙質形成後にセメント質によって結び付けられたものを癒着歯、二つの歯がまだ未完成のうちに結合したものを癒合歯という。これらは主として下顎前歯部にみられる。
 重症な新生児黄疸(おうだん)、新生児メレナ(新生児の消化管出血)に対して長期にわたるテトラサイクリン投与などを行うと、歯に着色がおこり、審美障害を招くことがある。これは、歯の形成期に、循環を通じて象牙質に色素沈着を生じたためである。また、う蝕、歯髄出血、歯髄壊死などによっても歯の変色を生じる。歯を打撲したのち、歯の色が変わってくるのは、外力によって根尖(こんせん)での神経、血管が切断され、歯髄壊死がおこったためである。このほか、歯髄炎や歯髄壊死によっても歯の変色が生じるが、これは、歯髄中の血液が分解され、ヘモグロビンの色素が歯に沈着するためである。
(2)歯数の異常 過剰歯の出現部位は上顎の前歯部がもっとも多く、ついで上顎大臼歯部となる。正中線上に1本あるときには、とくに正中歯とよばれる。歯数不足は歯数過剰に比べると、はるかに頻度が高い。とくに智歯の欠如は70%にも上る。智歯に続く欠如部位としては、側切歯、第二小臼歯がある。極端な場合は全歯が欠如することがあり、これは先天性無歯症とよばれる。
 また、歯数が正常でも、顎骨が小さいと、歯は正常に配列することができず、叢生(そうせい)となったり埋伏したり(埋伏歯)する。ある報告によれば、近年、子供に軟らかい食物を与える家庭が増えたことから、子供自身のそしゃく運動があまり必要とされなくなり、その結果、顎の発育不全をきたし、歯列不正が多くみられるようになったという。[村井正昭]

歯と個人識別

人体組織のなかでもっとも硬いエナメル質、骨より硬い象牙質、セメント質の3硬組織から構成される歯は、物理的・化学的破壊に対して強い抵抗性をもつ。したがって、歯は死後変化の影響を受けにくく、きわめて長期にわたって原形を保持することができる。また、個人における歯の各種所見は千差万別で、その差異は指紋にも匹敵するとまでいわれ、法医学分野では個人識別の指標としてきわめて重要な価値をもっている。とくに白骨死体、一度に多数の死者発生を伴い、死体損壊の高度な大火災、航空機事故の際には威力を発揮する。法医学的な歯の検査としては、歯の萌出・交代(交換)の状態、歯数の異常(過剰歯、欠如歯の有無)、形態の異常(巨大歯、矮小歯、大臼歯の異常結節の有無)、位置の異常(歯間離開、転位歯、回転歯、傾斜歯の位置・程度)、う歯(むし歯)の有無・程度、治療処置(充填(じゅうてん)、補綴(ほてつ))、咬耗(こうもう)・磨耗の状態などの所見、および咬合状態の調査があげられる。
 治療処置では、その方法に歯科医の特徴がみられるほか、使用材料からの生活程度の推定といった種々の情報が得られる。また、歯の萌出・交代時期はほぼ一定していることから、かなり正確に0~20歳くらいの間の年齢推定が可能となる。歯の咬耗の程度からは、20歳代から50歳代までの年齢推定(約10歳間隔)が行われることが多い。一般に女性の歯のほうが小さく、短いといわれるが、これは相対的なもので、とくに遊離した1本の歯からの性別推定はかなり困難である。また、歯からの血液型は、象牙質、セメント質では約20ミリグラム、歯髄では約1ミリグラムあればABO式血液型が判定できる。[小谷淳一]

動物における歯

脊椎(せきつい)動物の口腔(こうこう)内にある消化器官の付属体の一つ。無脊椎動物にも「歯」とよばれる器官があるが、厳密な意味での歯とは脊椎動物のもののみをさす。しかし脊椎動物でも、ヤツメウナギなどの円口類や無尾両生類のオタマジャクシなどの歯状物は、表皮の角質形成物であって真の歯とは異なり、角歯(かくし)とよばれる。真の歯は内部に繊維性結合組織の歯髄をもち、それを囲んで真皮性の歯質(象牙質(ぞうげしつ))がある。歯髄には血管と神経が入り込んでいる。歯髄が満たす腔所を歯髄腔という。口腔に露出する部分は、表皮性のエナメル質からなり、歯冠という。硬骨魚類以上では歯の基部(歯根)はセメント質で覆われている。歯はこのように硬質な器官であるために、化石として残りやすく、化石となった歯は脊椎動物の進化を推定するのによく利用される。
 現生動物では、チョウザメなどの仲間、両生類のカエルや爬虫(はちゅう)類のカメなどが、歯の発達が悪く退化している。また、現在鳥類には歯がない。あごのない下等な魚類の円口類には歯はないが、魚類は多数の歯をもち、口腔や咽頭(いんとう)内に広く分布している。高等動物になるにつれて歯の数は減少し、分布もしだいに限られたものになる。ワニや哺乳(ほにゅう)類ではあごの部分にのみ歯が生え、哺乳類ではほかに比べて歯の数が著しく減っている。
 歯が生え換わることを換歯という。爬虫類以下の脊椎動物では一生の間歯が生え換わる(多換歯性、多生歯性)。哺乳類では一度だけ換歯がおこる(換歯性、二生歯性)。この場合、最初の歯を乳歯または脱落歯といい、次の歯を永久歯という。なお、一部の哺乳類では換歯がおこらない(不換歯性、一生歯性)。また、ハクジラを除く哺乳類や爬虫類の有毒ヘビ類は、形態的に分化した歯をもつ異歯性であるが、そのほかの動物は同歯性である。異歯性の種では歯の形態はさまざまに変化しているが、特殊な例としては毒ヘビの毒牙(どくが)も歯の変形したものである。またゾウやセイウチの牙(きば)は、それぞれ門歯や犬歯が変化したものである。
 顎骨(がくこつ)と歯の結合には種々の様式がある。多数の硬骨魚類では、顎骨の頂端に歯が結合する(端生)。カエルやイモリ、多数の爬虫類では、顎骨の内面に歯が結合する(面生)。ワニや哺乳類では、顎骨の溝または穴(歯槽)に歯が挿入されている(槽生)。これに対し、サメなどの軟骨魚類では、歯はあごの軟骨に靭帯(じんたい)によって結合している。[高橋純夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【下顎骨】より

…哺乳類の下顎(下あご)の骨格。人体解剖学上の名称で,比較解剖学的には〈歯骨dentary〉が正しい。あごをもつ脊椎動物の下顎の骨格の原始の姿はサメなど現存の軟骨魚類のもつ〈下顎軟骨〉に見ることができる。…

【抜歯】より

…歯を歯槽から抜去すること,およびその操作を抜歯という。
【習俗としての抜歯】
 世界には,抜歯を慣習として行う民族もある。…

※「歯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

歯の関連キーワードデンタルエステティックDental Dr.ブリッジ(義歯)アリストテレスかさ(傘)歯車継ぎ歯・継歯歯周ポケット歯科保存学ブリッジ咬合調整歯槽膿漏歯周疾患人工歯異歯性傘歯車乱杭歯歯周炎継続歯歯切盤歯槽骨

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歯の関連情報