コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

したり シタリ

デジタル大辞泉の解説

し‐たり

[感]《動詞「す」の連用形+完了の助動詞「たり」から》
期待どおりに物事が行われたとき、成功したときなどにいう語。うまくやった。得たり。してやったり。「したりとばかりやりこめる」
失敗したり驚いたりしたときにいう語。しまった。やりそこなった。「これはしたり、計られたか」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

したり

( 感 )
〔動詞「す」の連用形に、助動詞「たり」の付いた語〕
事がうまく運んだ時に発する語。 「馬ワ逃ゲノビ、ヤア-ヤトアザケッテイッタ/天草本伊曽保」 「 -、-、むむ、よう訳をおつしやつた/浄瑠璃・忠臣蔵」
失敗した時に発する語。 「ああ、- -恨めしや/狂言・枕物狂」
驚いた時などに発する語。 「 -百度参りとはきつい凝りやう/浄瑠璃・新版歌祭文」 → これはしたり

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

したりの関連キーワードマイクロマネージメントMIIS 2003フォントエディター自慢高慢馬鹿のうちピスタチオナッツ角突き合わせるマインドセット息を弾ませる大鉈を振るうエスカレート手に汗を握る詰め番・詰番肌で感じるネッキング小さくなる船着き場上げ下し人身事故時間知覚緩急記号

したりの関連情報