コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

したり シタリ

デジタル大辞泉の解説

し‐たり

[感]《動詞「す」の連用形+完了の助動詞「たり」から》
期待どおりに物事が行われたとき、成功したときなどにいう語。うまくやった。得たり。してやったり。「したりとばかりやりこめる」
失敗したり驚いたりしたときにいう語。しまった。やりそこなった。「これはしたり、計られたか」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

したり

( 感 )
〔動詞「す」の連用形に、助動詞「たり」の付いた語〕
事がうまく運んだ時に発する語。 「馬ワ逃ゲノビ、ヤア-ヤトアザケッテイッタ/天草本伊曽保」 「 -、-、むむ、よう訳をおつしやつた/浄瑠璃・忠臣蔵」
失敗した時に発する語。 「ああ、- -恨めしや/狂言・枕物狂」
驚いた時などに発する語。 「 -百度参りとはきつい凝りやう/浄瑠璃・新版歌祭文」 → これはしたり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

したりの関連キーワードDrop/Add PeriodマイクロマネージメントフォントエディターMIIS 2003自慢高慢馬鹿のうち言葉尻を捕らえるピスタチオナッツマインドセット角突き合わせる手に汗を握るエスカレート息を弾ませる大鉈を振るう肌で感じる小さくなるトラバース色を付けるネッキング抗肥満薬資金凍結

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

したりの関連情報