コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しった しった

大辞林 第三版の解説

しった

( 連語 )
〔尊敬の助動詞「しゃる」の連用形に完了の助動詞「た」の付いた「しゃった」の転。近世江戸語〕
四段活用の動詞の未然形に付いて、ごく軽い尊敬の意を表す。…なさった。 〔四段以外の活用の動詞には「さしった」が付く〕 「御先祖さまを大切にして、出入の者に目をかけてやら-・たから、身体はよくなる筈/滑稽本・浮世風呂 」 「なるほどおしやかさまが法でも説か-・たところらしいのう/西洋道中膝栗毛 魯文」 → さしった

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

しったの関連情報