コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しった しった

大辞林 第三版の解説

しった

( 連語 )
〔尊敬の助動詞「しゃる」の連用形に完了の助動詞「た」の付いた「しゃった」の転。近世江戸語〕
四段活用の動詞の未然形に付いて、ごく軽い尊敬の意を表す。…なさった。 〔四段以外の活用の動詞には「さしった」が付く〕 「御先祖さまを大切にして、出入の者に目をかけてやら-・たから、身体はよくなる筈/滑稽本・浮世風呂 」 「なるほどおしやかさまが法でも説か-・たところらしいのう/西洋道中膝栗毛 魯文」 → さしった

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

しったの関連キーワード高山(村)(群馬県)群馬県吾妻郡高山村ももんじい悪態をつく松尾朝春普栗釣方開元占経五音相通浮世風呂体たらく店替へ卑罵語助動詞後生楽経帷子音義説舌内音檀特山毟り魚犍陟駒

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しったの関連情報