しわぶる(読み)シワブル

  • しわぶ・る しは‥
  • しわぶ・る〔しは〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ラ下二〙 未詳。せきをする、せきこむの意か。
※万葉(8C後)一七・四〇一一「二上の 山飛び越えて 雲隠り 翔(かけ)り去(い)にきと 帰り来て 之波夫礼(シハブレ)告ぐれ」
〘他ラ四〙 口に含んでなめまわす。口にくわえて吸う。しゃぶる。
※名語記(1275)九「しはぶる、如何。すはぶる也。すはは吸の義也」
※御伽草子・常盤の姥(類従所収)(1504‐21頃)「歯は落うせてなけれども、はじしをもってあいしらひ、もときり昆布がなしはぶらむ」
[補注]「しは」は「しはぶく(咳)」等の「しは」と同じく唇に関わる語根として、「ぶる」は「くすぶる」「ゆさぶる」等に共通する作用行為の接尾語と見るのが妥当か。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android