コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しんZhen

5件 の用語解説(箴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しん
Zhen

中国,文体の一種。人あるいは自己を戒める内容の文。4言の句で隔句に押韻するが,必ずしも一定しない。前漢末の揚雄の『十二州牧箴』,六朝時代晋の張華の『女史箴』などが有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しん【×箴】

いましめ。いましめの言葉。箴言(しんげん)。
漢文文体の一。箴言を記した韻文。隔句に韻を押した四言のものが多い。

しん【箴】[漢字項目]

[音]シン(呉)(漢) [訓]はり いましめ
縫い針。医療用の針。「箴石」
戒める。戒め。「箴警箴言

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しん【箴】

戒め。戒めのことば。
箴言しんげん

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しん

中国の文体の一つ。「いましめことば」の意で、「銘(めい)」と並称される。四言でつづる文体がもっとも多く、三言、五言、七言のものもあり、隔句に韻を踏む。古く夏(か)、殷(いん)、周の三代以来、聖賢の戒めことばとして伝えられる「箴」が、諸古典に散在している。自身を戒めるものを「私箴」、人々の過ちを戒めるものを「官箴」とよび、漢の揚雄(ようゆう)の「五箴」、晋(しん)の張華(ちょうか)の「女史箴」、唐の韓愈(かんゆ)の「遊箴」、柳宗元(りゅうそうげん)の「憂箴」などが名高い。[杉森正弥]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

箴の関連情報