(読み)しん(英語表記)Zhen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しん
Zhen

中国,文体の一種。人あるいは自己を戒める内容の文。4言の句で隔句に押韻するが,必ずしも一定しない。前漢末の揚雄の『十二州牧箴』,六朝時代晋の張華の『女史箴』などが有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しん【×箴】

いましめ。いましめの言葉。箴言(しんげん)。
漢文文体の一。箴言を記した韻文。隔句に韻を押した四言のものが多い。

しん【箴】[漢字項目]

[音]シン(呉)(漢) [訓]はり いましめ
縫い針。医療用の針。「箴石」
戒める。戒め。「箴警箴言

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しん

中国の文体の一つ。「いましめことば」の意で、「銘(めい)」と並称される。四言でつづる文体がもっとも多く、三言、五言、七言のものもあり、隔句に韻を踏む。古く夏(か)、殷(いん)、周の三代以来、聖賢の戒めことばとして伝えられる「箴」が、諸古典に散在している。自身を戒めるものを「私箴」、人々の過ちを戒めるものを「官箴」とよび、漢の揚雄(ようゆう)の「五箴」、晋(しん)の張華(ちょうか)の「女史箴」、唐の韓愈(かんゆ)の「遊箴」、柳宗元(りゅうそうげん)の「憂箴」などが名高い。[杉森正弥]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android