コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じゃこ天/雑魚天 ジャコテン

2件 の用語解説(じゃこ天/雑魚天の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゃこ‐てん【じゃこ天/雑魚天】

愛媛県宇和島郷土料理。沿岸で獲れた小魚のすり身を油で揚げたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

じゃこてん【じゃこ天】


愛媛県南予地方の郷土料理で練り物の一種。魚の頭と内臓を取り、皮や骨ごとすり身にし、小判形に整えて油で揚げたもの。主にほたるじゃこを用いるが、あじ・たちうおなども使う。あぶって大根おろしを添えて食べたり、うどんの具やおでんのたねにしたりする。◇「皮天ぷら」ともいう。

出典|講談社
日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone