コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じゃこ天/雑魚天 ジャコテン

2件 の用語解説(じゃこ天/雑魚天の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゃこ‐てん【じゃこ天/雑魚天】

愛媛県宇和島郷土料理。沿岸で獲れた小魚のすり身を油で揚げたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

じゃこてん【じゃこ天】


愛媛県南予地方の郷土料理で練り物の一種。魚の頭と内臓を取り、皮や骨ごとすり身にし、小判形に整えて油で揚げたもの。主にほたるじゃこを用いるが、あじ・たちうおなども使う。あぶって大根おろしを添えて食べたり、うどんの具やおでんのたねにしたりする。◇「皮天ぷら」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃこ天/雑魚天の関連キーワード石狩鍋皿饂飩豚骨芋串じぶ煮笋羹コックオバン煎餅汁豚丼の日南予地方