じょうける(読み)ジョウケル

デジタル大辞泉の解説

じょう・ける

[動カ下一]《歴史的仮名遣いは未詳》ふざける。たわむれる。
「なんだなこの子は、―・けなさんなといふに」〈滑・浮世床・初〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう・ける

〘自カ下一〙 ふざける。おどける。ちょうける。〔物類称呼(1775)〕
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「なんだナ此子は、ぜうけなさんなといふに」
[補注]近世上方で用いられた「ちょうける(嘲)」の語頭音を濁音化させたもので、その変化には「冗談」「冗長」などの「冗」が関わったかと思われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android