コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すうっと スウット

デジタル大辞泉の解説

すうっ‐と

[副](スル)
滞ることなく、滑らかに動作や変化が進むさま。「間をすうっとすり抜ける」「うきをすうっと引き込む」「タイヤの空気がすうっと抜ける」
一直線に伸びているさま。「すうっと切れ目を入れる」「汗がすうっと流れる」
わだかまりや、つかえがなくなって、気持ちが平静になっていくさま。「言うだけ言ったらすうっとした」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すうっと

( 副 ) スル
軽快に、滑らかに、静かに物が動くさま。 「車が-来て止まった」
一本の筋のように伸びるさま。 「 -伸びた枝」 「涙が一筋-ほおを伝う」
心の中のわだかまりや体の中にとどこおっていたものが次第にとけてさっぱりするさま。 「胸が-した」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

すうっとの関連キーワードメアリー・ポピンズカワハギタイヤ一直線切れ目

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すうっとの関連情報