コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すうっと スウット

デジタル大辞泉の解説

すうっ‐と

[副](スル)
滞ることなく、滑らかに動作や変化が進むさま。「間をすうっとすり抜ける」「うきをすうっと引き込む」「タイヤの空気がすうっと抜ける」
一直線に伸びているさま。「すうっと切れ目を入れる」「汗がすうっと流れる」
わだかまりや、つかえがなくなって、気持ちが平静になっていくさま。「言うだけ言ったらすうっとした」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すうっと

( 副 ) スル
軽快に、滑らかに、静かに物が動くさま。 「車が-来て止まった」
一本の筋のように伸びるさま。 「 -伸びた枝」 「涙が一筋-ほおを伝う」
心の中のわだかまりや体の中にとどこおっていたものが次第にとけてさっぱりするさま。 「胸が-した」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

すうっとの関連キーワードメアリー・ポピンズカワハギタイヤ一直線切れ目

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すうっとの関連情報