コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼻筋 ハナスジ

デジタル大辞泉の解説

はな‐すじ〔‐すぢ〕【鼻筋】

眉間(みけん)から先までの線。鼻梁(びりょう)。「鼻筋の通った顔」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はなすじ【鼻筋】

眉間みけんから鼻の先までの線。鼻梁びりよう
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鼻筋の関連キーワード宇喜多秀家(1572―1655)メイキャップ・ベースハクビシン(白鼻心)極め込み・木目込み通る・透る・徹る赤あざ(血管腫)西野流呼吸法ガンダーラ仏ハイライターTzoneハクビシンベイジョーマンドリル縄文時代人鼻筋が通る地中海人種鼻の外傷白鳳美術ソバカス鼻出血

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鼻筋の関連情報