鼻筋(読み)ハナスジ

デジタル大辞泉の解説

はな‐すじ〔‐すぢ〕【鼻筋】

眉間(みけん)から鼻先までの線。鼻梁(びりょう)。「鼻筋の通った顔」

び‐きん【鼻筋】

外鼻の皮下にある筋肉の一つ。上顎骨の前部から起こり、鼻背および鼻翼の皮膚につく。鼻翼を動かして鼻孔を広げたり狭くしたりする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はな‐すじ ‥すぢ【鼻筋】

〘名〙 眉間から鼻の先端までの線。はなぐき。鼻道。また、鼻柱。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※思ひ出(1933)〈太宰治〉一「父は眠ってゐるやうであった。高い鼻筋がすっと青白くなってゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鼻筋の関連情報