一直線(読み)イッチョクセン

デジタル大辞泉の解説

いっ‐ちょくせん【一直線】

一つの直線。「一直線上の点」
少しのゆがみもないこと。まっすぐ。「一直線に並ぶ」「一直線に自宅に帰る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっちょくせん【一直線】

一本の直線。
まっすぐ。 「 -に進む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっ‐ちょくせん【一直線】

〘名〙
① 二つの点の間を結ぶ最も短い一本の線。また、単にまっすぐな線。
※窮理通(1836)六「乙丁は甲丙と平行し、丁癸は丙癸と一直線を為す」
② (形動) ものごとが一筋に連なっていること。まっすぐであること。また、そのようなさま。真一文字。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「一直線に東南なる本街道を進みけるが」
③ (形動) あることに、わきめもふらずに集中すること。また、そのさま。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉二四「一直線に例の獲物に着眼し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一直線の関連情報