すこやか未来積立傷害保険(読み)スコヤカミライツミタテショウガイホケン

デジタル大辞泉の解説

すこやかみらいつみたて‐しょうがいほけん〔‐シヤウガイホケン〕【すこやか未来積立傷害保険】

日常生活における傷害による損害の塡補を目的とする積立型損害保険。契約締結後、一定期間を経過すると、保険期間内で契約者満期を指定できる。重度後遺障害については後遺傷害保険金を2倍に、60日を超える長期入院については入院保険金を1.5倍に増額して支払う。フレックスプラン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

保険基礎用語集の解説

すこやか未来積立傷害保険

日常生活における傷害に対し保険金を支払う、積立型損害保険です。重度後遺障害に対しては、後遺障害保険金を2倍に、60日を超える長期入院に対しては、入院保険金を1.5倍に増額して支払うことに特徴があります。保険期間は5年で契約しますが、締結後、2年間の満期指定停止期間を経過した後は、契約時の保険期間内であれば、契約者がいつでも満期を指定できます。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android