すさみケンケン鰹(かつお)

デジタル大辞泉プラスの解説

すさみケンケン鰹(かつお)

和歌山県西牟婁郡すさみ町において「ケンケン漁」と呼ばれるトローリング漁法の一種により水揚げされたカツオ。地域団体商標

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

すさみケンケン鰹[水産]
すさみけんけんかつお

近畿地方、和歌山県の地域ブランド。
和歌山県西牟婁郡すさみ町においてケンケン漁法により水揚げされた鰹(生きているものを除く)。船の左右に伸ばした竿に数本の釣糸をつけ、船を走らせながら釣糸を引いていく独特の漁法が、ケンケン漁。ケンケン漁で釣りあげられた鰹は、すぐ活け締めにして血抜きをし、水氷に入れ、沖合いから短時間で市場へと運ばれる。鮮度保持に優れている。2006(平成18)年12月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5010147号。地域団体商標の権利者は、すさみ漁業協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android