コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣糸 つりいとfishing line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釣糸
つりいと
fishing line

釣りに用いる。細くて強い,弾力がある,水勢に対して抵抗が少いように表面がなめらか,よりがかからずもつれない,耐久力があるなどの条件が必要である。従来,テグスサンの幼虫の体内から取ったてぐすや,生糸をより合せゼラチン液で合糸して透明にした人造てぐす,絹糸を加工した渋引糸,漆糸,麻糸などが用いられたが,第2次世界大戦後はナイロンが主役となった。太さは号数によって示され,最も細い 0.2号から 150号まで,用途に応じて用いられている。トローリングによる大物釣りにはワイヤなども用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つり‐いと【釣(り)糸】

魚を釣るのに用いる糸。てぐす・絹・麻・馬素(ばす)(馬の尾の毛)などが用いられたが、現在はナイロンテトロンなどの合成繊維が使用されている。「釣り糸を垂れる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の釣糸の言及

【釣り】より

…寛文年間(1661‐73)ころから江戸を中心に釣りが盛んになり,いくつかの流派が生まれた。元禄時代(1688‐1704)には江戸本所竪川の置材木の上に金屛風を立て,吉原の傾城(けいせい)の髪を釣糸に金銀象眼の釣りざおで小魚を釣った大名もいた。その後も釣りの人気は上昇を続け,文化・文政(1804‐30)から天保年間(1830‐44)にかけて隆盛をきわめた。…

※「釣糸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

釣糸の関連キーワードウラシマソウ(浦島草)すさみケンケン鰹長浜(市)絡む・搦む一本釣りアミランマルチ糸長繊維木之本釣漁業手釣り釣道具友釣り穴釣り絡まるうき釣針引縄

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android