コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣糸 つりいと fishing line

2件 の用語解説(釣糸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釣糸
つりいと
fishing line

釣りに用いる糸。細くて強い,弾力がある,水勢に対して抵抗が少いように表面がなめらか,よりがかからずもつれない,耐久力があるなどの条件が必要である。従来,テグスサンの幼虫の体内から取ったてぐすや,生糸をより合せゼラチン液で合糸して透明にした人造てぐす,絹糸を加工した渋引糸,漆糸,麻糸などが用いられたが,第2次世界大戦後はナイロンが主役となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つり‐いと【釣(り)糸】

魚を釣るのに用いる糸。てぐす・絹・麻・馬素(ばす)(馬の尾の毛)などが用いられたが、現在はナイロンテトロンなどの合成繊維が使用されている。「釣り糸を垂れる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の釣糸の言及

【釣り】より

…寛文年間(1661‐73)ころから江戸を中心に釣りが盛んになり,いくつかの流派が生まれた。元禄時代(1688‐1704)には江戸本所竪川の置材木の上に金屛風を立て,吉原の傾城(けいせい)の髪を釣糸に金銀象眼の釣りざおで小魚を釣った大名もいた。その後も釣りの人気は上昇を続け,文化・文政(1804‐30)から天保年間(1830‐44)にかけて隆盛をきわめた。…

※「釣糸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

釣糸の関連キーワード釣餌腰が強い腰強シェニール糸鋭い継糸釣り竿釣船孫針先糸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone