コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すみわけ理論 すみわけりろんhabitat segregation theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

すみわけ理論
すみわけりろん
habitat segregation theory

おおまかにみると同じ場所にすむ何種かの生物が,実は生活要求を衝突させないような,微妙に異なる生態およびすみ場所に分れている現象を「すみわけ」という。今西錦司は『生物社会の論理』 (1949) において,すみわけ現象を,生物界ことに動物界に広く認められる原理的なものと考えて,すみわけ理論を立てた。これによると,それぞれ近縁種の個体から成る集団,すなわちいくつかの同位の種社会は,ある場所で相補的なすみわけを行なっているものであって,生物の世界全体がこのような原理のうえに成り立っているものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android