コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種社会 しゅしゃかい

3件 の用語解説(種社会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

種社会
しゅしゃかい

(1) specia 今西錦司が『生物社会の論理』 (1949) のなかで提唱した概念であって,「生物社会学の立場で,生物的自然を構成している,究極的な社会単位を,一応種の社会と考え」るとする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅしゃかい【種社会 synusia】

生物全体社会を構成する実在的な単位を表す概念。今西錦司の提唱(1949)による。今西は,specific synucia(単一種からなるシヌシア。シヌシアとは同じ生活型をもつ生物の集団の意味)を短縮したスペシアspeciaの語を用いることをも提唱した。スペシアは,一つの種に属する,生活様式を同じくし相互に交配の可能なすべての個体がつくる社会である。今西は,スペシアの構成個体をスペシオンspecionと呼び,スペシアを構成する任意の集団,すなわち単独行動個体,単位集団地域社会などをオイキアoikia,その構成個体をオイキオンoikionと呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅしゃかい【種社会】

生物の一つ一つの種が構成するその種固有の社会。それぞれの種社会がすみわけによって共存し、生物全体の社会が形成される。1949年、今西錦司によって提唱された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の種社会の言及

【動物社会学】より

…一方,日本では,今西錦司のすみわけの原理(《生物社会の論理》1949)に端を発し,今日の霊長類社会学に至る独自の展開が見られたといってよい。今西は種社会speciaを,一つの種のすべてのメンバーを含み,それ自体が主体性をもち,生物全体社会holospeciaを構成する要素であるとしている。生物学的種の社会的側面を究明しようとして結局は行動の生理学的基盤の理解に終始した西ヨーロッパの流れと,今西が設定した社会学の相違はこの点にある。…

※「種社会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

種社会の関連キーワード社会過程人口学全体社会概念実在論各層ジー全会エフピーエス細胞骨格タンパク質全体社会システム

種社会の関連情報