す文字(読み)スモジ

大辞林 第三版の解説

すしの文字詞。もと女房詞すし。おすもじ。 大上﨟御名之事
推量すいりようの文字詞 推量の意の近世女性語。おすいもじ。 御心の内-参らせ候/ひとりね

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (「すいりょう(推量)」の下を略して「文字」を添えたもの) 推量の意の女性語。すいもじ。
※実隆公記‐明応三年(1494)二月紙背(女房奉書)「二もし御所の御めてたさにくもしをすくし候て、けふまてもてふるひ候て、うつつなく候。御すもし候へく候」
② (「すし」の後半を略して「文字」を添えたもの) 鮨(すし)の意の女房詞。おすもじ。《季・夏》 〔大上臈御名之事(16C前か)〕
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)六「かどのすもじがおいしいじゃないかいな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android