コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女房奉書 にょうぼうほうしょ

6件 の用語解説(女房奉書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女房奉書
にょうぼうほうしょ

天皇に近侍する勾当内侍 (こうとうのないし) などの女房が,勅旨を奉じて,全文ひらがなの女子消息体の散らし書きで出した文書。鎌倉時代中頃に始り,室町時代に盛行して綸旨 (りんじ) とともに重要となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にょうぼう‐ほうしょ〔ニヨウバウ‐〕【女房奉書】

天皇の側近の女房が天皇の意思を奉じて発給した仮名書きの文書。ふつう、散らし書きで書かれる。鎌倉時代からみられ、室町後期には勅命を伝える文書の主流となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

女房奉書【にょうぼうほうしょ】

天皇や上皇・法皇の命を伝えるため側近の女房が女消息体で書いて出した文書。仮名交りの散らし書きで,年月日は記さない。鎌倉時代に始まり,室町時代ころには綸旨(りんじ)とともに勅旨を伝える文書として重きをなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にょうぼうほうしょ【女房奉書】

室町・戦国時代に盛んに使用された,天皇・上皇の仰せを側近の女房が奉じた仮名奉書。とくに天皇の女房奉書勾当内侍(こうとうのないし)が奉ずる。鎌倉中期以降の公家政治は,院政にあっては伝奏(てんそう)が,親政にあっても鎌倉末までには伝奏が置かれ,政務を執る院や天皇の奏聞・伝宣の役を担っていた。伝奏は本来直接仙洞や内裏に参入して事にあたったが,ときおり不参のときには側近の女房の奉書をもって伝奏に仰せを伝えさせたのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にょうぼうほうしょ【女房奉書】

天皇側近に仕える女房が、天皇の勅命を奉じて出す文書。仮名文の散らし書きで書かれ、鎌倉時代に始まり、室町時代に最も盛んとなった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女房奉書
にょうぼうほうしょ

女官(内侍(ないし))が天皇・上皇の命令を伝えるため発行した文書。鎌倉時代に始まり、室町時代のものが数多く残っている。仮名交じり散らし書きにし、年月日を書かないが、命令を受けた公卿(くぎょう)(上卿(しょうけい))が端裏(はしうら)に「仰(おおせ)」と書き年月日を記したものもある。女房奉書には天皇直筆のものがあるが、この場合にも女房が勅命を受けて出す奉書の形式で書かれている。女房奉書は蔵人(くろうど)が出す綸旨(りんじ)と並び天皇の意志を伝達するための主要な文書であった。天皇・上皇の意を受けた女房奉書のほかに、親王家の女房が発行したものや、江戸時代、幕府の女房が出した奉書などもある。[百瀬今朝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone