コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずとも ズトモ

デジタル大辞泉の解説

ず‐とも

[連語]《打消しの助動詞「ず」の連用形+接続助詞「とも」》…(し)ないでも。…(で)なくとも。「この部分は書かずともよい」
「白珠(しらたま)は人に知らえず知ら―よし我し知れらば知ら―よし」〈・一〇一八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ずとも

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ず」に接続助詞「とも」の付いたもの〕
打ち消しの意の逆接の仮定条件を表す。…なくとも。…ないでも。 「目が見え-、人の気配はわかるものだ」 「白珠は人に知らえず知ら-よし知ら-我し知れらば知ら-よし/万葉集 1018」 「まのあたりなら-、さるべからむ雑事等は承はらむ/源氏 帚木」 〔上代からの語。現代語でもやや文章語的表現として用いられることがある〕

ずとも

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ず」に助詞「と」および「も」の付いたもの〕
打ち消しの意の中止法または連用修飾語として用いられる。…ないで。ずに。ずと。 「春夢の間は、鳴か-ゐよかし/中華若木詩抄」 「知れたこと言は-、早々帰れとせり立つる/浄瑠璃・菅原」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ずともの関連キーワード手に取るなやはり野に置け蓮華草当たらずと雖も遠からず雲となり雨となる良い・善い・好い米酢(よねず)バスパワー動作中華若木詩抄ネクラーソフ百舌の草潜竹植うる日回る・廻る慚羞・慙羞千引きの岩あいしらう優しがるふすさに中村彰彦磯馴れ木うだつく跡を絶ゆ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずともの関連情報