ずば(読み)ズバ

デジタル大辞泉の解説

ずば[副]

[副]《日葡辞書では「づば」とする》矢が深く突き刺さるさま。ずぼっと。
「馬の左の胸繋(むながい)づくしを、ひゃう―と射て」〈平家・一一〉

ず‐ば[連語]

[連語]ずは1」に同じ。
「此小舟の若(も)し岩に触れて砕け―幸なり」〈鴎外訳・即興詩人
[補説]近世以降「ず」の「は」を接続助詞「ば」と混同したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずば

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ず」に接続助詞「ば」が付いたもの〕
打ち消しの意の順接仮定条件を表す。もし…ないならば。なければ。 「行か-なるまい」 「きじも鳴か-うたれまい」 「但し出-そこへ踏ん込むと/浄瑠璃・油地獄 」 〔「ずは」の順接仮定条件を表す用法から類推して近世以降発生した言い方。現代語でも、文章語的表現や慣用句として用いられることがある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずばの関連情報