ずば(読み)ズバ

デジタル大辞泉の解説

ずば[副]

[副]《日葡辞書では「づば」とする》矢が深く突き刺さるさま。ずぼっと。
「馬の左の胸繋(むながい)づくしを、ひゃう―と射て」〈平家・一一〉

ず‐ば[連語]

[連語]ずは1」に同じ。
「此小舟の若(も)し岩に触れて砕け―幸なり」〈鴎外訳・即興詩人
[補説]近世以降「ずは」の「は」を接続助詞「ば」と混同したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずば

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ず」に接続助詞「ば」が付いたもの〕
打ち消しの意の順接仮定条件を表す。もし…ないならば。なければ。 「行か-なるまい」 「きじも鳴か-うたれまい」 「但し出-そこへ踏ん込むと/浄瑠璃・油地獄 」 〔「ずは」の順接仮定条件を表す用法から類推して近世以降発生した言い方。現代語でも、文章語的表現や慣用句として用いられることがある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ず‐ば

(打消の助動詞「ず」の未然形に、接続助詞「ば」の付いたもの) 順接の仮定条件を表わす。…ないならば。…なくては。
※土井本周易抄(1477)一「五十にならずば易を不読ぞ」
※開化自慢(1874)〈山口又市郎〉初「お隠居さんにさういはれては、いよいよまき出さずばなるめへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずばの関連情報