コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずば ズバ

デジタル大辞泉の解説

ずば[副]

[副]《日葡辞書では「づば」とする》矢が深く突き刺さるさま。ずぼっと。
「馬の左の胸繋(むながい)づくしを、ひゃう―と射て」〈平家・一一〉

ず‐ば[連語]

[連語]ずは1」に同じ。
「此小舟の若(も)し岩に触れて砕け―幸なり」〈鴎外訳・即興詩人
[補説]近世以降「ず」の「は」を接続助詞「ば」と混同したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずば

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ず」に接続助詞「ば」が付いたもの〕
打ち消しの意の順接仮定条件を表す。もし…ないならば。なければ。 「行か-なるまい」 「きじも鳴か-うたれまい」 「但し出-そこへ踏ん込むと/浄瑠璃・油地獄 」 〔「ずは」の順接仮定条件を表す用法から類推して近世以降発生した言い方。現代語でも、文章語的表現や慣用句として用いられることがある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ずばの関連キーワード其れから其れまで旗鼓の間に相見ゆフレッシュアイ立ち切れる言の葉の道小井土一章反りを打つ鳴く・啼く水源涵養林牢籠・牢篭無げの情け昭憲皇太后ひょうずば然らずんば手は見せぬ雉・雉子ずばっと老いらく屋良有作太田道灌

ずばの関連情報