掛合(読み)かけあい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掛合
かけあい

日本音楽,演劇用語。 (1) 能の構成部分名称 節 (ふし) のついた韻文で2人以上の役が応対する部分をいい,その各役のせりふに相当して分けられる場合と,ただ振分けた場合とがある。ときには韻文のコトバが入り,問答から切れ目なしに掛合に移ることが多い。 (2) 三味線音楽の演出形式 (a) 異なる流派,種目が共同で同一楽曲を交互に演奏すること。 (b) 同等の位置にある演奏者が2組以上に分れて交互演奏すること。 (3) 地歌箏曲の演出形式 異なる楽器またはパートが,同一または類似あるいは対句的旋律を交互演奏すること。 (4) 民俗芸能で,2人または2組で歌や言葉を交互に歌ったり言ったりすること。

掛合
かけや

島根県東部,雲南市南西部の旧町域。斐伊川の支流三刀屋川上流域にある。 1951年町制。 1955年波多村と合体。 2004年大東町,加茂町,木次町,三刀屋町,吉田村の5町村と合体して雲南市となった。大部分が山地で,かつては炭の特産地として知られ,現在は米作,畜産が行なわれる。西部に三瓶山東口道路が通じ,滝谷川の竜頭滝と民谷川の八重滝付近は竜頭八重滝県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

掛合【かけあい】

日本音楽用語。交互に演奏すること。能で2人以上の登場人物が節のついた韻文を応答する部分,三味線音楽で1楽曲を2つ以上の異なる種目で交互に演奏する場合,合奏で異なる楽器またはパート間で細かく交互演奏する場合などをいう。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かけあい【掛合】

(1)能の用語。謡事の一種で,役と役(まれに地謡)が交互に謡う韻文の楽曲。リズムは地拍子の法則に合わない。シテとワキなど対立する役の場合は,お互いがしだいに高潮していくような謡い口で1句1句テンポを詰めて謡われる。〈問答〉の後に置かれることが多いが,その推移が自然で,明確に分けにくい例もある。【松本 雍】(2)邦楽の演奏形式。歌舞伎舞踊では地方(じかた)の音楽が2種合同で交互に演奏することをいう。長唄と竹本,長唄と常磐津,長唄と清元などの例があり,また長唄と他の2種を合わせてのいわゆる三方掛合(さんぽうかけあい)などもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

掛合
かけや

島根県中東部、飯石郡(いいしぐん)にあった旧町名(掛合町(まち))。現在は雲南市(うんなんし)の西部を占める地区。1951年(昭和26)町制施行。1955年波多村と合併。2004年(平成16)大東(だいとう)町、加茂(かも)町、木次(きすき)町、三刀屋(みとや)町、吉田(よしだ)村と合併、雲南市となる。旧町域は、三刀屋川が北流し、川に沿って国道54号が通じる。山間地で耕地面積は町域の10%弱で零細農家が多い。タバコ、養蚕、酪農などによる現金収入の増加を図ってきた。過疎化が悩みとなっているが、土地や機械施設の共同利用などにより農業の活性化を推進。製造業、サービス業の雇用が多い。郷土芸能に掛合太鼓がある。三刀屋川上流の八重滝や竜頭(りゅうずが)滝は竜頭八重滝県立自然公園の一部で、「日本の滝百選」に選ばれている。[小松 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かけ‐あ・う ‥あふ【掛合】

(間に y の音がはいって「かけやう」と読まれる場合も多い)
[1] 〘自ワ五(ハ四)〙
① 二つの物がつり合う。調和する。また、匹敵する。
※連理秘抄(1349)「すべてこの句にかけあひたる秀逸は、十句に一句も有りがたし」
※日葡辞書(1603‐04)「Caqeauanu(カケアワヌ) アイテヂャ」
② かかわり合う。関係する。参加する。
※随筆・孔雀楼筆記(1768)三「黄河の水を引て運河とす。これにかけあふ役人、〈略〉十二万人余といふ」
③ 要求、要望などを持って相談に行く。談判する。交渉する。
※浄瑠璃・志賀の敵討(1776)五「汝が生国、志賀の植野へもかけ合た上首ぶち放す」
※人情本・仮名文章娘節用(1831‐34)下「重兵衛に懸合(カケアッ)て、つがふしてつとめをひかせるから」
[2] 〘他ワ五(ハ四)〙
① 物事をかわるがわる行なう。
※杉風宛芭蕉書簡‐元祿七年(1694)閏五月二一日「二十八日伊賀へ上着申候。同姓よろこび、旧友ども日々かけ合候而、今月十六日迄伊賀に逗留致候而」
② 互いに対抗し、張り合う。競い合う。
※御伽草子・化物草子(日本絵巻物全集所収)(室町末)「まゆみをやをらとりて、ひしひしとふたりかけあふ所を射たれば」
③ 互いに掛ける。
※虎明本狂言・水掛聟(室町末‐近世初)「又かくる。それからひたとかけやひて、後にはすきくわをすて、水かけやいをして」
※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉地上楽園「少しも迷惑をかけ合はないのである」

かけ‐あわ・す ‥あはす【掛合】

[1] 〘他サ下二〙 ⇒かけあわせる(掛合)
[2] 〘他サ五(四)〙 =かけあわせる(掛合)
※都会(1908)〈生田葵山〉不安「真中で釦鈕(ボタン)を懸合した綿ネルの襯衣(シャツ)

かけ‐あわ・せる ‥あはせる【掛合】

〘他サ下一〙 かけあは・す 〘他サ下二〙
① 互いに張り合う。競いあう。
※御伽草子・弁慶物語(室町時代小説集所収)(室町末)「隣防のちごたちと、かけあわせ、いさかふ事、せひなし」
② 二つのものを、照らし合わせてみる。照応する。
※玉塵抄(1563)四〇「総のをもいかるいをはかって、かけあわせて」
③ ボタンやホックなどで、服が開かないようにとめる。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春「金釦(きんぼたん)の余り光らぬ中古の制服を窮屈さうに掛合せて」
④ 掛け算をする。ある数にある数を、かける。
⑤ 動物を人工的に交尾させる。また、植物を人工的に交配させる。
※続珍太郎日記(1921)〈佐々木邦〉一「習性の違ったのを三十番(つがひ)飼って、種々に掛(カ)け合(ア)はせた結果が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の掛合の言及

【手事】より

…また,前後に導入部(序・マクラ)と終結部(チラシ)のいずれかまたは双方が付されることもある。地歌三弦曲に箏が合奏されることが進んで,箏の変奏度が高まるにつれて,三弦と箏とが交互演奏を行う掛合(かけあい)の技法が発達した。この掛合を含む部分を本来の手事(本手事)として,それに続く部分でいったん終結部に近い気分を示すが,しかし,再び掛合も出てくる部分を,中チラシといい,その後の本当の終結部を本チラシまたは後(のち∥あと)チラシといった。…

※「掛合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

掛合の関連情報