コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鸚鵡石 おうむせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鸚鵡石
おうむせき

歌舞伎狂言の名せりふを集めた小冊子声色 (こわいろ) 本ともいう。江戸時代中期から明治にかけて流行

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おうむ‐いし〔アウム‐〕【××鵡石】

山間などにある、音をよく反響する岩石。言葉石。響き石。おうむせき。
おうむせき2」に同じ。

おうむ‐せき〔アウム‐〕【××鵡石】

おうむいし1」に同じ。
歌舞伎の名せりふを書き抜いた本。役者の声色(こわいろ)の練習用に出版された。おうむいし。
人の言ったことを、そのままに真似ていうこと。
「先刻桐山から聞いた事をば、全然(まるきり)―で喋口(しゃべ)りたてる」〈逍遥当世書生気質

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鸚鵡石【おうむせき】

歌舞伎狂言の名ぜりふを抜粋した小冊子。役者の声色を使う台本にも用いられた。江戸時代には,上演のたびに劇場や江戸市内で盛んに売られた。幕末ころには役者の似顔絵の錦絵(にしきえ)風の表紙をつけて刊行されたが,明治以後ほとんど跡を絶った。
→関連項目声色

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうむせき【鸚鵡石】

歌舞伎の名ぜりふ集。役者の声色(こわいろ)をするのに便利なようにせりふを抜粋して載せた小冊子。古くは寛文延宝(1661‐81)ころからはじまるが,鸚鵡石の名を付けるのは1772年(安永1)からであろう。京,大坂でも刊行されたが,江戸では各座の興行ごとに発売された。幕末には,色刷りのものも出版されている。また,上演演目とは関係なく,単行本として役者の似顔絵やせりふのくせなども収めた名ぜりふ集も出版された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おうむいし【鸚鵡石】

人声や音を反響しやすい形をしていて、それに向かって言葉を発すると、そっくりまねて言い返すと言い伝えられてきた大きな石。言葉石。響き石。おうむせき。
おうむせき 」に同じ。

おうむせき【鸚鵡石】

おうむいし 」に同じ。
歌舞伎の名ぜりふを抜粋した小冊子。声色こわいろの練習用に古くから出版された。普通、半紙二、三枚から四、五枚程度で、のちには役者の似顔絵入りのものもあった。おうむいし。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鸚鵡石
おうむせき

歌舞伎(かぶき)用語。上演台本のうち、名台詞(せりふ)だけを部分的に抜き出したもの。本来は俳優の声色(こわいろ)を覚えるための小冊子で、声色本(こわいろぼん)ともいった。この種の本は1670年(寛文10)ごろから刊行されていたが、1772年(安永1)京都の大津屋友吉が、オウムが答えるように音を反響させる鸚鵡石という石から思い付き『物真似狂言(ものまねきょうげん)鸚鵡石』の題を使って以来、声色本の総称のようになり、役者の似顔絵などを入れて出版されるようになった。明治後期以後、この種の本の刊行は衰えたが、名台詞の抜き書きを鸚鵡石とよぶ習慣は残り、いまでも公演のパンフレット類に載せることがある。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鸚鵡石の言及

【せりふ尽し】より

…その内容は,名のり,つらね,六方詞をはじめ,もの尽し,物売,早口,地口,掛合,敵討物語,意見のせりふ,《暫》のせりふ,《助六》の男達(おとこだて)のせりふなど種々のものがある。以後,〈せりふ尽し〉の刊行はしだいに盛んとなり,声色(こわいろ)本として,安永(1772‐81)初年には〈鸚鵡石(おうむせき)〉が,明治になってからは〈影芝居〉などの刊行をみるに至った。なお,テキストには,稀書複製会本に,《六方こと葉》(1673),《せりふ大全》(1709ごろ)などがある。…

※「鸚鵡石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鸚鵡石の関連キーワード台詞尽くし・台詞尽し歌舞伎狂言声帯模写吉井 勇間の山節響き石小春お半