たおたお(読み)タオタオ

デジタル大辞泉の解説

たお‐たお〔たをたを〕

[副]しなやかなさま。たおやかなさま。たわたわ。
「夕日の光をあびて―と羽ばたいてゆく五位のむれを」〈中勘助銀の匙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たお‐たお たをたを

〘副〙 (「たわたわ」の変化した語という。多く「と」を伴って用いる) しなやかなさま、柔らかにたわむさまを表わす語。たおやか。
※源氏(1001‐14頃)竹河「柳の緑のやうに、たをたをとたゆみ」
※銀の匙(1913‐15)〈中勘助〉後「たをたをと羽ばたいてゆく五位のむれを見おくりながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android