たこつぼ心筋症(読み)たこつぼしんきんしょう(英語表記)takotsubo cardiomyopathy

知恵蔵miniの解説

たこつぼ心筋症

突発的に左心室心尖部が一過性の収縮低下を起こす心筋症のこと。日本で1990年に日本で初めて報告された病気で、左心室がたこ壷のように膨らむ症状を見せるためにこう呼ばれる。急性心筋梗塞や狭心症に似た突然の胸痛、動悸(どうき)、不整脈、呼吸困難、頭痛、嘔吐(おうと)などの症状が現れ、症状は短期間で回復するが、心室の収縮異常でポンプ失調という合併症を引き起こす可能性もある。同症の発症には何らかの身体的・精神的ストレスが先行することが多く、自然災害時に発症が増えることが確認されている。2004年に発生した新潟中越地震直後には発症が多く報告されている。

(2016-4-26)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android