コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ただれ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ただれ
ただれ / 爛

医学用語「びらん糜爛erosion)」の俗称。浅い水疱(すいほう)の疱膜が破れて生じたもので、新鮮紅色を呈し、表面は漿液(しょうえき)で潤っている。浅い熱傷(やけど)あるいはブドウ球菌が原因の水疱性伝染性膿痂疹(のうかしん)(とびひ)などに罹患(りかん)した皮膚に生じ、治癒後、瘢痕(はんこん)が残らない。[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ただれの関連情報