ただれ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ただれ
ただれ / 爛

医学用語「びらん糜爛erosion)」の俗称。浅い水疱(すいほう)の疱膜が破れて生じたもので、新鮮紅色を呈し、表面は漿液(しょうえき)で潤っている。浅い熱傷(やけど)あるいはブドウ球菌が原因の水疱性伝染性膿痂疹(のうかしん)(とびひ)などに罹患(りかん)した皮膚に生じ、治癒後、瘢痕(はんこん)が残らない。[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ただれの関連情報