コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝染性膿痂疹 でんせんせいのうかしん

3件 の用語解説(伝染性膿痂疹の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

伝染性膿痂疹【でんせんせいのうかしん】

とびひ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝染性膿痂疹
でんせんせいのうかしん

とびひ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伝染性膿痂疹
でんせんせいのうかしん

化膿(かのう)菌が表皮内に感染して、浅い水疱(すいほう)、膿疱、びらん、痂皮(かひ)(かさぶた)を生ずる皮膚疾患。黄色ブドウ球菌によるものは水疱を主症状とし水疱性膿痂疹、また連鎖球菌によるものは痂皮を主症状とし痂皮性膿痂疹とよぶこともある。水疱性膿痂疹は、夏季に幼小児に多く、顔、手足をはじめ全身至る所の皮膚にできる。最初はエンドウ豆大の水疱を生じ、かゆみがあり、まもなく膿疱になるが、水疱は破れやすく、破れると赤いびらん面となり、また薄い痂皮をつくる。年少の幼児ほど大きな水疱をつくる傾向がある。水疱の内容液やびらん面の滲出液が皮膚につくと新しい水疱を生じ、また他人にも伝染して広がるところから俗に「とびひ」とよばれる。痂皮性膿痂疹は、顔や手足など衣類から露出している部分の皮膚に、季節や年齢を問わず発症する。最初は中央に膿(うみ)をもった紅斑(こうはん)や丘疹が生じ、やがて黄褐色の厚い痂皮をつくり広がってゆく。痂皮の周囲には赤い炎症がみられ、痂皮の下の分泌物が皮膚につくと伝染する。リンパ節が腫(は)れることが多く、小児では腎炎(じんえん)(膿痂疹腎炎)をおこすことがあるので、早期治療が望ましい。
 治療としては、病変部の分泌液が周囲の皮膚につかないように注意し、抗生物質軟膏(なんこう)をガーゼに伸ばして病変部を覆ってしまうように貼(は)る。また抗生物質の内服を併用する。伝染性膿痂疹は、湿疹、虫さされ、小外傷などに化膿菌が感染して生ずることが多く、またかゆみのためにひっかいて悪化することが多いので、ことに夏にはこれらの皮膚病を早く治療しておくことや、日ごろから皮膚の清潔、衛生に注意することがたいせつである。[野波英一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伝染性膿痂疹の言及

【飛火】より

…化膿菌とくに黄色ブドウ球菌の感染による膿皮症の一種。高温多湿の季節に,おもに乳幼児にみられ,水泡性膿痂疹または伝染性膿痂疹ともよばれる。顔面,軀幹,四肢など全身の一見健康な皮膚面に,突然大小いろいろな水泡がつぎつぎに生じ,すぐに破れて糜爛(びらん)面となり痂皮(かさぶた)がつく。…

※「伝染性膿痂疹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伝染性膿痂疹の関連キーワード飛び火・飛火膿痂疹ルートビヒビヒダス菌ビヒストゥンビヒズス森永 ビヒダスアイラトビカズラ静岡県磐田市飛平松マツトビヒメハマキ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伝染性膿痂疹の関連情報