たっけ(読み)タッケ

デジタル大辞泉の解説

たっ‐け

[連語]《過去・完了の助動詞「た」+終助詞「け」。上に付く語によっては「だっけ」とも》
過去のことを詠嘆の気持ちをこめて思い返す意を表す。「あのときは大いに慌てたっけ」「この川で遊んだっけ」
確認の問いかけの意を表す。「君も知っていたっけ」「この本は読んだっけ」
[補説]終助詞とする説もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たっけ

( 連語 )
〔過去・完了の助動詞「た」に終助詞「け」が付いたもの。近世江戸語以降の語〕
過ぎ去ったことを思い出して、軽い詠嘆の気持ちをこめて述べる。 「昔は、この道をよく通っ-ね」
聞き手の関心や返答を誘うような気持ちをこめて質問する場所に用いる。 「あの人は何と言っ-な」 → け(終助)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たっ‐け

(過去・完了の助動詞「た」に終助詞「」が付いたもの) 詠嘆的に回想する、また記憶を確かめる気分の話しことば。
※洒落本・妓者呼子鳥(1777)四「コレおとみさん、やげんぼりからことづけがあったっけ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たっけの関連情報