コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たなり タナリ

デジタル大辞泉の解説

た◦なり

[連語]連語「たんなり」の撥音の無表記。
「声いといたうつくろひ―◦なり」〈かげろふ・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たなり

( 連語 )
〔完了の助動詞「たり」の連体形に伝聞・推定の助動詞「なり」の付いた「たるなり」の音便の形「たんなり」の撥音「ん」の無表記〕
たようだ。たそうだ。 「守かみの館たちより、呼びに文ふみもて来-/土左」 「女五の宮なども、よろしく思し-/源氏 朝顔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

たなりの関連キーワード二形・双成り・二成り桂 春団治(2代目)インターセクシュアル百人一首源三郎スプーフィング捩じ向ける田尻稲次郎橘奈良麻呂聞き明らむ野村芳太郎長閑やか内蔵全成今村虎成さがな者井原西鶴北国の雷ぞろっと長慶天皇婆娑れる仰仰しい

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たなりの関連情報