コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たなり タナリ

大辞林 第三版の解説

たなり

( 連語 )
〔完了の助動詞「たり」の連体形に伝聞・推定の助動詞「なり」の付いた「たるなり」の音便の形「たんなり」の撥音「ん」の無表記〕
たようだ。たそうだ。 「守かみの館たちより、呼びに文ふみもて来-/土左」 「女五の宮なども、よろしく思し-/源氏 朝顔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

たなりの関連キーワード二形・双成り・二成り桂 春団治(2代目)インターセクシュアル明治維新と奇兵隊スプーフィング百人一首源三郎橘奈良麻呂捩じ向ける田尻稲次郎聞き明らむ野村芳太郎今村虎成内蔵全成井原西鶴藤原真作桂春団治長閑やかさがな者長慶天皇ぞろっと

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たなりの関連情報