コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たんせい三号 タンセイサンゴウ

デジタル大辞泉の解説

たんせい‐さんごう〔‐サンガウ〕【たんせい三号】

昭和52年(1977)2月に打ち上げられた試験衛星MS-T3の愛称。東京大学宇宙航空研究所(現JAXA(ジャクサ))がたんせい2号の後継として開発。ロケットの性能試験と地球の磁力線に沿った安定的な姿勢制御に成功。ガスジェットの噴出による姿勢制御には失敗した。同年3月に運用終了。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

たんせい三号の関連キーワードジャクサ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android