コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たんせい三号 タンセイサンゴウ

1件 の用語解説(たんせい三号の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんせい‐さんごう〔‐サンガウ〕【たんせい三号】

昭和52年(1977)2月に打ち上げられた試験衛星MS-T3の愛称。東京大学宇宙航空研究所(現JAXA(ジャクサ))がたんせい2号の後継として開発。ロケットの性能試験と地球の磁力線に沿った安定的な姿勢制御に成功。ガスジェットの噴出による姿勢制御には失敗した。同年3月に運用終了。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

たんせい三号の関連キーワード磁鉄鉱系列永江智明松崎しげるボクまろ三元触媒システム冤罪恐怖映画社会科教育人力飛行機死の棘

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone