コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

だてら ダテラ

デジタル大辞泉の解説

だて‐ら

[接尾]《接尾語「だて」+状態を表す接尾語「ら」》(多く「だてらに」の形で)性別や身分・立場などを表す語に付いて、それらの性や身分・立場などにふさわしくない、不相応の意を表す。「女だてらに」「法師だてら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だてら

( 接尾 )
(多く「に」を伴って)身分や立場を表す名詞に付いて、その人の行為がその身分や立場などに、不相応・不似合いである意を表す。 「女-に」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

だてらの関連キーワード豚もおだてりゃ木に登るセントビンセント湾火中の栗を拾うアルベマール湾カフーラウェ島リャホフ諸島ウランゲリ島ヌーニバク島ポーク海峡バタン諸島後立山連峰媄子内親王マシーラ島煽てに乗るバイガチ島藤沢 古雪調子に乗るでれっとこがね丸知夫里島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

だてらの関連情報