ちがさき景観資源(読み)ちがさきけいかんしげん

事典 日本の地域遺産の解説

ちがさき景観資源

「ちがさき景観資源」は、建築物、工作物その他の物件、樹木もしくは樹林などの中で良好な景観形成に重要な価値があると認められるものを茅ヶ崎市景観条例に基づき指定するもの。現在6件が指定されている。
[選定機関] 神奈川県茅ヶ崎市
[選定時期] 2010(平成22)年~
[登録・認定名] 鶴嶺八幡宮参道の松並木 | 旧相模川橋脚のソメイヨシノ | 腰掛神社の樹叢 | 鶴嶺小学校のカイヅカイブキとソメイヨシノ | 勘重郎堀のシイノキ | 松尾大神タブノキとイチョウ

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android