ちくと(読み)チクト

デジタル大辞泉の解説

ちく‐と

[副]
針などでちょっと刺すさま。ちくりと。ちくっと。
「蚊遣火が消えて…頸筋のあたりを―刺す」〈漱石・一夜〉
少しばかり。ちょっと。ちと。
「小銭(せん)があらば、―貸さんせ」〈滑・膝栗毛・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちくと

( 副 )
針などで刺すさま。また、そのような痛みを感じるさま。ちくっと。ちくりと。 「 -刺す」 「 -痛む」
すこしばかり。ちょっと。 「よい酒があらば-出しなさろ/滑稽本・膝栗毛 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android