コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちくと チクト

デジタル大辞泉の解説

ちく‐と

[副]
針などでちょっと刺すさま。ちくりと。ちくっと。
「蚊遣火が消えて…頸筋のあたりを―刺す」〈漱石・一夜〉
少しばかり。ちょっと。ちと。
「小銭(せん)があらば、―貸さんせ」〈滑・膝栗毛・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちくと

( 副 )
針などで刺すさま。また、そのような痛みを感じるさま。ちくっと。ちくりと。 「 -刺す」 「 -痛む」
すこしばかり。ちょっと。 「よい酒があらば-出しなさろ/滑稽本・膝栗毛 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ちくとの関連キーワード東南アジア音楽今大路悠山みふくらぎ麺麻/麺碼中林竹渓天野方壺佐藤紅緑直心影流山本梅逸丹山青海はしかい中林清淑山田宮常平和公園菱川師宣天竺浪人はしかし生駒元竹経塚古墳ちくっと

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android