ちび

大辞林 第三版の解説

ちび

〔動詞「ちびる(禿)」の連用形から〕
背の低いこと。また、その人。身体の小さい動物などにもいう。 「 -犬」
年少者。子供。軽んじたり、かわいらしいという気持ちをこめて用いる。 「生意気な-め」
名詞の上に付いて、すりへっていることを表す。 「 -下駄」 「 -筆」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちびの関連情報