背丈(読み)せたけ

精選版 日本国語大辞典「背丈」の解説

せ‐たけ【背丈】

〘名〙
① 踵(かかと)から頭頂までの距離。背の高さ。せい。せいたけ。身長。
※俳諧・鷹筑波(1638)五「一よ一よせ竹ものぶる子共哉〈正頼〉」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「背()丈ばかりのびまして」
② 洋裁で、後ろ襟(えり)の付根からウエストまでの長さ。
③ 和裁で、着物の身頃のでき上がり寸法。

せい‐だけ【背丈】

〘名〙 (「せいたけ」とも) 身のたけ。身長。せたけ。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)九「没人は人せいだけに高ぞ」
※狂言記・六地蔵(1700)「某がせいだけに作ってやらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「背丈」の解説

せ‐たけ【背丈】

かかとから頭頂までの背の高さ。身長。
洋裁で、後ろ襟中央の付け根からウエストラインまでの長さ。
和裁で、着物の身頃(みごろ)のでき上がり寸法

せい‐たけ【背丈】

せたけ」に同じ。「背丈が伸びる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android