ちゃぶちゃぶ

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゃぶ‐ちゃぶ

[1] 〘副〙
① 茶づけ、あるいは水や酒などを食べたり飲んだりするさまを表わす語。
※歌舞伎・三国三朝良薬噺(忘れ薬)(1869)「このまあととさん帯屋長さまは、よく稼ぐお人であったに、此頃では毎日のどんたく、ちゃぶちゃぶ呑んで歩いてばっかり」
② 水や湯をかき混ぜる音を表わす語。
※小さい田舎者(1926)〈山田清三郎〉一〇「夜泣きうどん屋は、抽斗(ひきだし)からうどんの玉を出すと、熱湯の中へ浸してちゃぶちゃぶやった」
[2] 〘名〙
① 食事のこと。湯づけを食べる音からいう。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「三めぐりをあとに見て平岩で内会ちゃぶちゃぶをきめやうと」
② 風呂をいう幼児語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android