コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田清三郎 やまだ せいざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田清三郎 やまだ-せいざぶろう

1896-1987 大正-昭和時代の小説家,評論家。
明治29年6月13日生まれ。プロレタリア文学運動で活躍するが,のち転向。満州新聞にはいり,敗戦ソ連抑留。帰国後,新日本文学会に所属した。昭和62年9月30日死去。91歳。京都出身。著作に「幽霊読者」「転向記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山田清三郎
やまだせいざぶろう
(1896―1987)

小説家、評論家。京都市に生まれる。小学校中退後、各種の職業を転々とした。のち上京、『種蒔(ま)く人』『文芸戦線』同人を経て、『戦旗』の編集などナップ系の重要な仕事を歴任。その間『幽霊読者』(1926)、『五月祭前後』(1929)などの刊行によってプロレタリア作家として認められ、一方『日本プロレタリア文芸運動史』(1930)、『ナップ戦線に立ちて』(1931)などの著書で評論家としても実績を築いた。『プロレタリア文学史』(1954)、『転向記』(1957~58)ほか多数の著書がある。[大塚 博]
『『日本現代文学全集69 プロレタリア文学集』(1969・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

山田清三郎の関連キーワード文芸戦線貴司山治種蒔く人昭和時代藤森成吉立野信之農民文学小説家大正