っぽい

精選版 日本国語大辞典「っぽい」の解説

っぽ・い

〘接尾〙 (形容詞型活用) の
名詞に付いて、それを含む度合いが大きい、それによく似た性質である、のを表わす。多くは、好ましくないことについていう。「ほこりっぽい」「熱っぽい」「理屈っぽい」「色っぽい」「子供っぽい」など。
② 色の名に付いて、その色を帯びているの意を表わす。「赤っぽい」「黒っぽい」など。
③ 形容詞・形容動詞語幹に付いて、その性質が表面に現われている、いかにもそういう感じであるの意を表わす。好ましくないことについていう。「荒っぽい」「安っぽい」など。
④ 動詞の連用形に付いて、すぐに…する傾向が強い、の意を表わす。好ましくないことについていう。「飽きっぽい」「おこりっぽい」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「っぽい」の解説

っぽ・い

[接尾]《形容詞型活用》名詞や動詞の連用形などに付く。
…を多く含んでいるという意を表す。「—・い」
…の傾向が強いという意を表す。「俗—・い」「飽き—・い」「荒—・い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android