つがもない

大辞林 第三版の解説

つがもない

( 形 ) [文] ク つがもな・し
〔「つがなし」を強めた語。近世語〕
途方もない。とんでもない。ばかばかしい。 「はあ-・い、私は大坂者、半七が叔母で御座りんす/浄瑠璃・長町女腹切
たわいない。とるにたりない。 「構へて〱父様に-・い事いやんなや/浄瑠璃・百合若大臣」
はなはだよい。 「 - ・く上手に成やしたね/洒落本・酒徒雅」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

つが‐も‐な・い

[形][文]つがもな・し[ク]
道理にあわない。とんでもない。
「―・い。詮ないこと、思い出しましたでがす」〈井伏丹下氏邸〉
ばかばかしい。つまらない。
「女房くつくつと噴き出し、ああ―・い」〈浄・女楠〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

つが‐も‐な・い

〘形口〙 (「つがなし」の強調語)
① すじみちがたたない。とんでもない。途方もない。むちゃくちゃである。
※評判記・赤烏帽子(1663)坂井掃部「つかもなき時詠哥大慨をひかるる、やさしとやいはん、くさきとやいはん」
② あってはならないことである。不都合である。
※雑俳・口三味線(1702)「つがもなき・願書やあらん愛染堂」
③ ばかばかしい。くだらない。たわいもない。→ああ(嗚呼)つがもない
※咄本・鹿野武左衛門口伝はなし(1683)下「さてさてつがもない事をきく人かな」
④ はなはだしくよい。この上なくすばらしい。
洒落本・真女意題(1781)「平のはつ茸がつがもなくありがてへ」
※洒落本・酒徒雅(1803)「つがもなく上手に成やしたね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android