コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つきのふね

1件 の用語解説(つきのふねの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

つきのふね

森絵都による小説。1998年刊行。中学生の感情の機微を描く。1998年、野間児童文芸賞受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つきのふねの関連キーワード中学生ノアール小説森絵都風に舞いあがるビニールシート学生街の殺人忍びの旗中学生日記/一生で一番ダサイ季節夜消える夜の橋夜の眼

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

つきのふねの関連情報