つわる

  • つわ・る つはる
  • つわ・る〔つはる〕

大辞林 第三版の解説

妊娠してつわりになる。 いつしかと-・り給へば/落窪 2
芽ぐむ。きざす。 下よりきざし-・るに堪へずして落つるなり/徒然 155

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

[動ラ四]
芽が出る。芽ぐむ。きざす。
「木の葉の落つるも…下よりきざし―・るに堪へずして落つるなり」〈徒然・一五五〉
妊娠してつわりが起こる。
「いつしかと―・り給へば」〈落窪・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ラ四〙
① 芽が出る。芽ぐむ。変化のきざしが見えはじめる。また、熟してくる。熟しはじめる。
※金葉(1124‐27)雑上・五六七「葉隠れてつはると見えし程もなくこは熟梅になりにけるかな〈よみ人しらず〉」
② (悪阻) 女性が妊娠してつわりになる。つわりを起こす。
※落窪(10C後)二「いつしかとつはり給へ、いかで子生ませんと思ふ少将の君の子はいで来で」
③ 動物が発情する。さかりがつく。
※日葡辞書(1603‐04)「ケダモノガ tçuuaru(ツワル)〈訳〉動物が発情期にある。サカリの方がよい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android